豪男性、スイスのダムで超ロングシュートに成功(出典:https://www.youtube.com)

写真拡大

このほどスイスのダムで1人の男性が超ロングシュートにチャレンジし、それを見事に成功させた。『ギネス世界記録』も新しく世界一に認定したその距離は、なんと180m。一部始終を見守っていた仲間と抱き合うまでの動画も公開され、話題を呼んでいる。

【この記事の動画を見る】

スイス・アルプスの巨大な「モーボアッサン・ダム(Mauvoisin Dam)」を舞台に見事なロングシュートを成功させたのは、YouTubeに数々の仰天動画を投稿してきたオーストラリアの人気集団『How Ridiculous』のメンバー、デレク・ヘロンさん。1957年に完成した世界屈指のアーチダムの落差を利用して180mものシュートに挑戦したのだ。

現場では3回のシュートが許されたデレクさん。仲間のブレット・スタンフォードさん、スコット・ゴーンソンさんがビデオを回しながらそれをじっと見守る中、3回目のシュートによりボールはリムに吸い込まれ、ネットはシュンとひと際大きな音を立てた。これまでその世界最高記録を保持していたのは、やはりYouTubeセンセーションとして知られるアメリカの『Dude Perfect』というチーム。今年春に彼らが打ち立てた162.4mという記録を18mも延ばしたことになる。

こうした動画には実は合成のものも多いため、当然ながらデレクさんのこの話題にも疑問を投げかける向きはあった。だが11月20日には『ギネス世界記録』も公式サイトでデレクさんの快挙を「超ロングシュート成功」と認定している。こちらはYouTubeに投稿された“World Record Basketball Shot 180m(593 Feet)| How Ridiculous”という動画である。お時間のある方はスイス・アルプスの美しい自然、そしてデレクさんによる正真正銘のサプライズプレーを楽しんで見ていただきたい。

出典:https://www.youtube.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)