25日、トニー・レオンが金城武と手を組み、コメディー復帰する映画「擺渡人」が来月23日から一般上映される。

写真拡大

2016年11月25日、トニー・レオン(梁朝偉)が金城武と手を組み、コメディー復帰する映画「擺渡人」が来月23日から一般上映される。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ここ数年はシリアスな作品が多かったトニー・レオンが、コメディー復帰した話題作。相棒のウォン・カーウァイ(王家衛)監督がプロデュースし、原作者で脚本も担当したチャン・ジャージャー(張嘉佳)がメガホンを取っている。共演の多い金城武と再びタッグを組み、公開されたスチール写真では、頭から水草を垂らしたトニー・レオンの姿も。かなりの爆笑シーンが挟み込まれていると期待される。

英語タイトルで「The Ferryman(渡船業者)」と直訳されている「擺渡人」だが、映画の中では他人の人生の橋渡し役、人助けをする男たちとして描かれる。共演者の顔ぶれも豪華で、アンジェラベイビー(楊穎)、ルハン(鹿[日含])、スーパーモデルのドゥ・ジュアン(杜鵑)や女性歌手クリス・リー(李宇春)らが登場している。(翻訳・編集/Mathilda)