Fly To The Sky ブライアン「『Missing You』での活動時にマネージャが死去、ファニと泣いた」

写真拡大 (全4枚)

男性デュオFly To The Skyのブライアンが過去、胸を痛めた事件に対して言及した。

ブライアンは最近公開された「bnt」のグラビアで計4つのコンセプトファッションを披露し、視線を引き付ける一方、インタビューを通じて多様な話を伝えた。

ブライアンは過去Fly To The Skyのデビュー時代を思い出し「学生時代、人々の前で公演するのが好きで、それを知っていた知人が何も言わずにSMエンターテインメントのオーディションに申請した。契約前からH.O.T.、S.E.S.、神話(SHINHWA) などの歌手たちが好きだったので、とても嬉しかった」と伝えた。

続いてファニとの初出会いについて「『もしかしてこの人ではないだろう』と思っていた。しかし飾ると芸能人のような外貌になって、成功を予感した」と付け加えた。

活動中に最も大変だった時期と関連してブライアンは「Missing You」の活動時を思い出した。「Missing You」をリリースした後、マネージャーが交通事故で死亡したという。当時ファニと共に「Missing You」を聞くと辛くて放送するたびに泣いたと、当時の悲しかった記憶を伝えた。

ブライアンは現在、クロスフィット体育館を運営している。SMのイ・スマン会長の一言で運動をスタートし、今もあきらめずに続けているという。彼は「運動をやってみたらそれがなぜいいのかを分かるようになり、止めることができなかった。健康になり、気持ちもよくなるので諦めることができなかった」と話した。