ファミコン発売時の金額は?

写真拡大

懐かしのゲームが一体化となったミニファミコンが発売され話題となりました。ファミコンことファミリーコンピューターは、1983年に任天堂から発売され、世界的なヒット商品となりました。このファミコンというのは発売当時はいくらくらいしたのでしょうか?

値段は1万4800円

ファミコンの発売当時の価格は1万4800円でした。当時は消費税が導入されていませんから、今でいうとおよそ1万5千円ということになりますね。これは果たして高いのでしょうか、安いのでしょうか。今からおよそ30年前の物価はどういった感じなのでしょうか?

あまり変わらない?

実は、ファミコンの発売当時と現在の物価というのは、それほど大きな開きはありません。たばこなどは値上がりしていますが、これは物価上昇というよりは、禁煙を重んじる社会制度の変化というべきものでしょう。当時からゲームセンターで一回のプレイ料金は基本的に100円でした。100円をかけて何度もやるよりは、150回プレイすればもとが取れるということでファミコンを買う人が多かったようです。さらに、ひとつのゲームばかりではなくカセットを入れ替えれば、さまざまなゲームが楽しめるというのもファミコンの魅力でした。ファミコン本体ではなく、そこで展開されるコンテンツにこそ魅力があるということですね。これはまさしくファミコンがひとつのメディアであったということが言えるでしょう。