こんなイイ男だったっけ……? 思わず胸がときめいた彼氏の男らしさ6つ!

写真拡大

彼との付き合いが長くなってくるとマンネリ化してしまうこともありますが、反対に「私の彼氏で本当に良かった! 彼って本当に頼りになる!」っと、より気持ちが深まるときもありますよね。今回は、彼氏を思わず見直した、男らしいエピソードについて、教えてもらいました。

■精神的な支えになってくれたとき

・「仕事で悩んでいたとき、辞めても支えると言ってくれた」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「お前が一番苦しいときには俺が一番近くで支えたい。裏切ったり悲しませるようなことは絶対しない、お前を守る。と私が精神的に追い詰められているときに言葉で支えてくれた」(34歳/小売店/販売職・サービス系)
・「つらいことがあったときに家まで駆けつけてくれた」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)


つらいときに、いつでも飛んできてくれて、心の支えになってくれたときには、本当にこの人が彼氏で良かった!と思いますよね。

■ボディーガードになってくれたとき

・「メールやつきまといなどのストーカー行為にあったとき、相手の男性に毅然とした態度で忠告してくれた」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「変なおじさんに絡まれそうになったときに助けてくれた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「酔っぱらいに絡まれたのを助けてくれた」(35歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「地震が起きたときに守ってくれた」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

まさに、ボディーガードですね。ストーカー行為の相手に、毅然と忠告する姿は、本当に頼もしい存在ですよね。誰でも、胸がときめきそうです。

■厳しくしかってくれたとき

・「間違ったことをしたときに、心から怒ってくれた」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

相手のことを、本当に思っていれば、愛情を持ってしかることも必要ですよね。相手から嫌われるかもしれなくても、相手を思いやることができる彼氏の優しさにときめきます。

■大変な状況から逃げなかったとき

・「門限や外泊が厳しいわが家にこっそり旅行に行こうとして、それが親を激怒させたので彼氏が謝りにきてくれたとき」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

両親にバレてしまって大変な状況に……。でも、そこから逃げないで、ご両親に謝る彼氏は、確かに男らしいですよね。

■将来を真剣に考えていることを言ってくれたとき

・「ちゃんと結婚を考えているから、もう少し待っていて。と言われたとき、ときめいた」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「絶対結婚するから待ってなさいと」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

将来のことを真剣に考えていることを、ちゃんと言葉で伝えてくれると、頼もしく感じますよね。

■日常のチョットしたとき

・「重たい荷物をひょいひょいと持ってくれたとき。さすが男だと思った」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「水道の水漏れを直してくれた。本当に頼りになると思った」(31歳/その他/その他)
・「重い荷物を持ってくれた、男らしい」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

特に特別なシチュエーションがなくても、日常のちょっとした中で、彼の男らしさを感じられるということですね。

■まとめ

やはり、困っているときや、大変な状況のときに、支えになってくれたときに、優しさに裏付けされた男らしさを感じることができて、胸がときめくのだと思います。ですが、日常の何気ないところで感じられるのも、とても素敵なことのように思えますね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数133件(22〜34歳の働く女性)