阿部寛が『疾風ロンド』の撮影裏話を語った

写真拡大

東野圭吾の人気小説を阿部寛主演で映画化した『疾風ロンド』の初日舞台挨拶が、11月26日に丸の内TOEI1で開催。阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、濱田龍臣、志尊淳、吉田照幸監督が登壇した。阿部は「雪山の魅力やアクション、コメディと、いろんなものが楽しめる映画に吉田監督が仕上げてくれました」と映画をアピールした。

【写真を見る】大島優子はシースルーのセクシーなスカートで男性陣の視線をクギ付けに

アドリブ満載だったという本作で、阿部は「監督が撮影終わりにカットをかけてこない時があって」と苦笑い。「初日に雪穴に落ちるシーンも、僕が落ちて大倉くんが引き出すところで終わる予定だったけど、その後もずっと回すから、大倉くんと『どっちがどうする?』と困っちゃって」と大倉と顔を合わせて笑った。

続いて阿部は初共演だったムロが「面白かった」と言った後「あれ、全部計算ですか?」と尋ねる。ムロは「そんなことできないです」と否定すると、大倉も「でも、転んでるシーンも使われてるし」と指摘。

大島が「転んだのも計算だと思います」と言うとムロは「たまたま転んじゃったんだよ」と苦笑しながら重ねて否定する。さらに大島から「ムロさん、変な人の役がぴったりでした」と言われたムロは「優子、何を言ってるの?」とツッコミを入れ、会場は大ウケ。

その後ムロは、スキーを滑るシーンで吹き替えの俳優といっしょにリフトに乗ったという話も披露した。「僕の吹き替えですから同じスキーウエアを着てるんです。そしたら外人から『ナイスゲイ!』と言われました」と言うと、会場は大爆笑となった。

『疾風ロンド』は、盗まれた生物兵器の奪還に挑む研究員を描くサスペンス映画。「サラリーマンNEO」やNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の演出を担当した吉田照幸監督がメガホンをとった。【取材・文/山崎伸子】