ピクサーの「ひな鳥の冒険」 (C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

 2017年の第89回アカデミー賞短編アニメーション部門のノミネート候補10本が発表された。

 同賞を主催する映画芸術科学アカデミーによれば、今回は史上最多となる69作品が応募。中間審査の結果、「ファインディング・ドリー」と同時上映されたピクサーの「ひな鳥の冒険」や、「モアナと伝説の海」と同時上映のウォルト・ディズニー・アニメーションの「Inner Workings(原題)」など、10作品に絞り込まれた。

 今後は、12月にロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドンなどで短編映画と長編アニメーション部門の会員を対象にした上映会が行われ、5作品がノミネート作品に選出されることになる。第89回アカデミー賞ノミネート発表は、17年1月24日、授賞式は2月28日に行われる。