<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 3日目◇26日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)> 
 「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」の3日目がオーストラリアにあるキングストンヒースGCで開幕した。初日に続きこの日はフォアサム(1つのボールを交互に打つ)。石川遼と松山英樹の日本チームは2バーディ・3ボギーと前半でスコアを1つ落とし、トータル13アンダーで単独首位を走るデンマークとの差が8打差に広がっている。
2日目のウェアは、日の丸の赤をイメージ!?
 
 昨日の第2ラウンドとは打って変わりスコアが伸び悩む展開の中で、日本チームも2日続けてバーディを奪っていた4番パー4でボギーを叩いてしまう。しかし、続く5番では松山がセカンドショットをピンそば1.5mにピタリ。石川が難なく沈めてバウンスバックし、6番でも石川が4mのバーディパットを決めて2連続バーディを奪い、スコアを1つ伸ばす。
 流れに乗りたい日本チームだったが、その後は7番で松山のパーパットがカップに嫌われてボギーとし、スコアはイーブンに。8番をパーとした直後の上がり9番パー4、松山が2mのパーパットを沈められずボギー。1ストローク落としトータル5アンダーで後半戦に突入する。
 首位から5打差の2位タイに米国と中国、6打差の4位にスペインがつけている。日本はイタリア、オランダ、南アフリカと並び10タイ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【W杯特別動画】2日目の日本チームのハイライトと石川遼&松山英樹インタビューをお届け!
【W杯ギアネタ】松山&遼のパターカバーは“ワールドカップ専用”