辛坊治郎氏 「年金制度改革法案」の採決で野党を批判「まともな議論をしろ!」

写真拡大

26日放送の「ウェークアップ! ぷらす」(日本テレビ系)で、辛坊治郎氏が、野党の議論の姿勢に苦言を呈した。

番組では、「年金制度改革法案」について取り上げた。この法案は、年金支給額の上昇を抑えるため、物価が上がっても賃金が下がれば年金支給額を削減することができるという内容になっている。25日の衆議院厚生労働委員会で、民進党などの野党が反発する中、自民党、公明党、日本維新の会の賛成で可決された。

委員会では、民進党の柚木道義議員が「安倍総理、今日の“強行採決”は行なわないと国民の皆さんに約束してください!」などと訴え、安倍晋三首相は「こんな議論をやってたんじゃ、何時間やったって同じですよ」と主張していた。

この問題に辛坊氏は、現行制度を温存するなら、今回のやり方しかないと断定する。そして、将来の年金支払額を減らさないように考えると、現在の額を抑えないとバランスが取れないと説明したのだった。

続けて、辛坊氏は野党の対応に疑問符を付ける。「毎度毎度、『強行(採決)』を演出するっていうのはどうなんすかね?」と、読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏に意見を求めたのだ。橋本氏は閣僚の不適切な発言が続いたため議論の時間が少なかったとしながらも、「もうちょっと、じっくり中身について」話をするべきだと述べた。

これに辛坊氏も賛同し、「『まともな議論をしろ!』と、一言で言うと言いたいですね」と語り、この話題を締めくくっていた。

【関連記事】
辛坊治郎氏 TPP関連案における強行採決との主張に苦言
辛坊治郎氏 「土人」発言されたヘリパッド移設反対派の活動に疑問「問題がある」
辛坊治郎氏 都知事選で明らかになった都政の闇は「東京のマスコミの責任」