前回の記事では、恋人に執着してしまう女性が考えがちなことについてご紹介しました。執着が強くなればなるほど、多くの人はその苦しさを愛情だと勘違いしてしまいます。しかし、愛情とは本来、もっと穏やかで幸せなものであるはず。
今回は、本当の愛情をもつ女性の特徴についてご紹介します。

執着は苦しい、愛情は幸せ

「激しく求めあうのが愛情でしょ?」そういった価値観が当たり前になると、自分のことだけでなく、相手のことも苦しめることになります。相手を見守る穏やかな愛ではなく、自分のために相手を支配し、コントロールしようとしてしまうからです。

・ 「自分以外の女性に優しくしないで」
・ 「私のことが好きなら、私を幸せにしてよ」
・ 「友だちより私との時間を優先して」

などなど、愛を理由に彼を束縛し、自由を奪う行為は愛情ではありません。「それだけ好きってことでしょ!」なんて思うかもしれませんが、それは彼を好きなのではなく、自分を好きなだけなのです。愛情ではなく自己愛。
「彼を自由にしたら、私のもとから去ってしまう」という恐れが、執着の原因なのです。

「あなたの彼=あなたを幸せにしてくれるモノ」ではない

そもそも、彼はあなたのモノではありません。あなたのために生まれてきたわけでもありません。彼には彼の人生があり、あなたにはあなたの人生がある。そういった事実を寂しいと思わずに、事実として受け入れましょう。彼はあなたの恋人ではあるけれど、あなたを一生好きでいなければいけないという義務はないのです。
それでもいま、あなたのことを好きでいて、一緒にいてくれる。それがどれだけ有りがたく、愛おしいことなのか。自分の欲求よりも相手を思いやる気持ちをもち、はじめて本当の愛情を育むことができるのです。

本当の愛情をもった女性が考えること

本当の愛情をもった女性とは、恋愛にたいして以下のように向き合っています。

1: どうすれば彼にとって幸せなのか

「どうしたら彼はもっと自分のことを好きになってくれるのだろう」という自分主体の考え方ではなく、「彼の幸せのために、自分はなにができるのだろう」と考えるのが、本当の愛情をもった女性です。愛されるために尽くしているわけではないので、見返りを求めることもありません。

2: 私を大切にしてくれる人はたくさんいる。彼もそのひとり

執着心をもたないためには、彼に依存しすぎず、平常心を保つことです。そのためには、「彼しかいない」という思い込みを捨てましょう。自分に価値があることを知っている人は、依存的な恋愛をしません。

3: 自分の価値観をおしつけない

「好きだったらこうするはず」という自分の価値観を、彼に押しつけないようにしましょう。あなたの常識と、彼の常識は違います。自分の考えに固執しすぎると、相手の本質がみえなくなります。また、相手をコントロールしようと執着心がでてくることもあるので、要注意です。

4: 寂しさを満たすために恋愛をしない

一人に慣れていないと、心の隙間を恋愛で埋めようとしてしまいます。寂しさや、コンプレックスの解消を、恋人に求めてはいけません。それは自分の力で乗り越えるものです。ネガティブな気持ちから始まる恋愛は、自立できていない証拠です。彼のことが純粋に好き、楽しいから一緒にいたい、という思いが大切です。

自分が満たされるためにする恋愛は、相手のことを考えてはいません。まずは自分をしっかりもち、彼を思いやることが、本当の愛情を育てる第一歩となるはずです。