カン・ドンウォン、初の刑事役!映画「マスター」キャラクター映像公開(動画あり)

写真拡大

初めて刑事役に挑戦したカン・ドンウォンのキャラクター映像が公開された。

映画「マスター」(監督:チョ・ウィソク、制作:映画会社チプ、配給:CJエンターテインメント)は、建国以来最大規模となる兆単位の詐欺事件を巡って、知能犯罪捜査隊や希代の詐欺師、そして彼のブレインらが繰り広げる追撃を描いた犯罪娯楽アクション映画。

今回公開された映像は、生涯初の刑事役に挑戦し、負傷リスクも怖れない激しいアクションや強靭で知的なカリスマ性を見せる知能犯罪捜査チーム長キム・ジェミョン役に完璧に変身したカン・ドンウォンの姿を盛り込んでいる。希代の詐欺師チン会長の追撃にすべてをかけるキム・ジェミョンは、司法試験まで合格したエリート刑事。チン会長はもちろん、彼の背後勢力まで根こそぎ捕らえようと考える、断固たる信念を持っている人物だ。

「韓国に僕のようなサイコもひとりぐらいは必要だろう」というキム・ジェミョンの言葉通り、今までの韓国映画には存在しなかった唯一無二な刑事役で物語を引っ張っていくカン・ドンウォン。「演じたことのない役なので、挑戦してみたかった」と作品を選択した理由を伝え、今作で見せる新たな姿に対する期待感を高めた。

特に「今まで演じてきた役より、さらに男らしさをアピールするため努力した。どうせやるならきちんとやってみようと思った」と話すカン・ドンウォンは、激闘シーンから銃撃シーン、ワイヤーアクション、自動車の追撃シーンまで、激しいアクションを繰り広げる。

映画「マスター」は韓国で12月に公開される予定だ。


※この動画はPCサイトのみの対応となります。