東野圭吾さんが手がけた同名小説の映画化『疾風ロンド』に出演した阿部寛さん、大倉忠義(関ジャニ∞)さん、大島優子さんのインタビュー後半戦!

前半では、サスペンスかと思いきやコメディ作品だったという“笑撃”的なお話や、撮影中の「やばい」エピソードなどを教えていただきました。

後半では、長野ロケでの思い出や個性際立つウェアについて、芝居の掛け合いでの面白さなど、ノンストップで語っていただきましたよ♡


(c)Nosh

Q:長野県でのロケだったそうですが、現地はいかがでしたか?

阿部寛(以下、阿部):僕が行くときには二人がすでに入っていて、すっかり地元の人になじんでいました。本当にすごくいい雰囲気でした。実際カメラマンがいい映像を撮っていて「すごくスキーができる人なんだな」と思ったんだけど、そうじゃなくて地元の方がカメラを持って撮ったものだったそうで。実はそれが一番いい映像だったりして(笑)、ちょっと悔しいですけど。

大倉忠義(以下、大倉):監督の人柄もあるんでしょうけど、緊張感はありながらも一切怒声も飛び交わないですし、いい空気を作ってくださっていたのでリラックスしてやらせていただきました。あと……お昼ごはんがすごい美味しかったです(笑)。

大島優子(以下、大島):エキストラとして滑っているのが地元の方で、皆さん本当にお上手で。大倉さんが「あか〜ん、下手に滑ってください、お願いします」と周りにお願いしていたのがすごく面白かったです(笑)。


(c)2016「疾風ロンド」製作委員会

Q:皆さんのウェアも個性が出ていましたが、衣装合わせの秘話はありますか?

阿部:最初、結構今風のやつを着ていたんだけど、「これも着てみましょうか」と着てしまったら、監督が(実際に着用した)ピチピチのを気に入ってしまい……(笑)。でも上着のサイズはなかったので、僕用に作ったんです。

大島:あっ、作ったんですか?

阿部:そう、ものすごく派手にしたいというので。

大島:じゃあ、阿部さんにピッタリのサイズじゃないですか。もらったほうがいいんじゃないですか?

阿部:……いらない(笑)。


(c)Nosh

Q:お二人のウェアも素敵でしたね。

大島:衣装合わせのときは、「強そう、滑れそう」というのをテーマにして選びました。あと「こういうのが流行っているから、取り入れたほうがいい」とか、寒いから着たいという要望とか、現場で着やすいかとかを考えたのちのウェアでした。衣装は本当に役柄が出て面白いですよね。大倉さんの衣装が並んでいるときに「これを着るんだ」と思うと、すぐに格好いい根津さんの姿が想像できました。

大倉:えっ、ありがとう。僕の衣装は、野沢スキー場のパトロールの方と全く一緒らしいので、「そうなんだ!」と思いました。あとは、パトロールで生物兵器を探しているシーンばっかりだったので、衣装が2パターンくらいで、すごく楽でした(笑)。


(c)Nosh

Q:実際のお芝居の掛け合いの中で、お互いに発見や驚きはありましたか?

大島:私、阿部さんは映像の中の方というイメージがあって、実在しないような感じがしていたんです。

大倉:(うなずく)。

阿部:何、うなずいているんだよ(笑)。

全員:(笑)。

大島:阿部さんは遠いというか、未知な方だと思っていたんですけど、現場や作品に対してすごく追求される姿勢を間近で見て、温かさを感じました。芝居に対する姿勢は、真似はできなくても勉強になりました。


(c)Nosh

Q:阿部さんが若手サイドから刺激を受けることはありますか?

阿部:あります。二人とも第一線でやられてきているので、持っているものがありますし磨かれていますので、自分と違うものがぶつかり合うので、なるべく吸収していきたいと受けています。自分にとってすごくプラスになります。自分が昔俳優を始めたときとはまったく違う器用さもあったりして、刺激的ですよね。


(c)Nosh

Q:最後にNosh読者にアピールをお願いいたします!

阿部:(原作者の)東野さんがあまり自分の作品の出来をよく言わないのは有名な話ですが、『疾風ロンド』では、観た後にすごく喜んでいただいて、皆と一緒に朝の4時まで飲んで常に満面の笑みだったそうなんです。とにかくスピード感がありますし、スキーの映像も素晴らしいし、皆で作った演技も楽しめると思うので、劇場でエンターテインメントとして楽しんでください。

大島:銘打っている「“笑撃”サスペンス」って何だろうと思いますよね? 本当に意外性がある映画になっているんです。自分で出ていながら意表を突かれていいなと思うので、誰が見てもくすっと笑える部分があると思います!

大倉:サスペンスの中にコメディが入る新ジャンルというか、邦画ではなかなかない形の映画です。アクションもすごいですし、単純に『ミッション:インポッシブル』くらいのハリウッド級だと思います……って、こんなにハードル上げるのもよくないのかな(笑)?何も考えずに観ていただきたいです。(取材・写真:編集部、文:赤山恭子)

映画『疾風ロンド』は11月26日(土)より全国ロードショーです!

【関連記事】

※ 大倉忠義の意外な武器に、大島優子も共感「大倉さんは生理的現象が全部早い」

※ 大倉忠義が雪山に埋めてしまいたいほど恥ずかしい過去を告白、大島優子も爆笑

※ 高畑充希&木村佳乃&渡辺直美…2016年「努力を惜しまない美しい女」たちが集合

※ トレンディエンジェルが伝授!忘年会で必ずウケる一発芸

※ ダレノガレ明美が猫を可愛く撮影するコツを伝授