金沢が森下仁之監督の退任を発表…5年の長期政権に終止符

写真拡大

▽ツエーゲン金沢は26日、森下仁之監督(48)が契約満了に伴い、今シーズン限りで退任することを発表した。翌日に栃木SCとのJ2・J3入れ替え戦の第1戦を控える中、森下監督はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「5年もの長い間このクラブで働けたことを誇りに思います。様々な方に応援して頂き、支えられたことに感謝の気持ちで一杯です。必ずや入れ替え戦で勝利し、来シーズンもJ2で戦えるよう全力を尽くしたいと思います。今後もツエーゲン金沢のさらなる発展を願っています。有難うございました」

▽森下監督は、JFL時代の2012年から金沢を指揮。2014年にチームを発足初年度のJ3優勝に導き、J2昇格に貢献した。しかし、今シーズンは苦戦。J3自動降格の最下位で迎えた最終節で辛うじて21位に順位を上げ、J2・J3入れ替え戦に回った。