人気アニメやコミックスのコスプレ衣装が体験できる

写真拡大

 購買意欲旺盛な中国人観光客によるいわゆる「爆買い」ブームが沈静化して久しいが、日本を訪れる外国人観光客の数はいまだに増加を続けている。観光庁の統計によれば、訪日外国人の数は今年の10月時点で、すでに昨年の1973万人を超え、過去最多となる2000万人を突破した。

 そして全国各地で、そんな訪日外国人をターゲットとしたさまざまな“次の一手”が仕掛けられている。大手旅行代理店のH.I.S.が手掛け、今年7月23日に大阪心斎橋にオープンした「OTA BASE(宅男基地)」もその1つだ。

 世界のオタクたちをターゲットに、日本のアニメを中心としたポップカルチャーなどの観光情報を提供する同店の狙いをH.I.S.の小嶋章仁氏に伺った。

◆海外で「オタク」はクールなイメージ

――「OTA BASE」のリニューアルを手掛けたきっかけは?

小嶋:H.I.S.では昨年4月から訪日外国人を対象とした観光案内所「OSAKA TOURIST INFORMATION CENTER」を運営していたのですが、知名度向上を図るための新しいコンテンツを模索していました。

そんな折、来日した外国人やお客様から、アニメの舞台となった観光地のお問い合わせが多く寄せられ、また、外国人の方がアニメ・コミック・コスプレなどのポップカルチャーを通して、日本を知る機会が多いことに気づきました。結果として、これを新たなコンテンツとして取り入れ、リニューアルしました。

――「オタク」という名称をつけた意図は?

小嶋:日本人が想像する「オタク」と異なり、海外で「オタク」はクールなイメージでとらえられています。オープン以降、「OTA BASE」の運営は非常に好評で、シーズンによってばらつきはありますが、1日平均100〜300人のお客様にご来店いただいています。

◆「オタクの部屋」に3時間滞在する人も

――観光情報の案内以外に、「OTA BASE」ではどのような体験が可能なのでしょうか?

小嶋:もともとあったラウンジ(休憩所)を改装し、“オタクの部屋”を再現した「OTA BASE ラウンジ」というスペースがあります。目で見るだけでなく、日本のオタクの部屋を実際に体験できるとあって、多くのお客様にご来店いただいています。居心地がいいのか、なかには2〜3時間滞在される方も珍しくありません。

 また、観光案内所に併設する着物レンタルショップにて毎日、着物の体験をしていただくことが可能です。金額も1080円(館内のみ)、3240円(外出可能)と非常にリーズナブルに設定しています。それ以外にもアニメキャラなどのコスプレを無料体験できる衣装も用意しております。着替えて記念撮影されるお客様も多く、こちらもご好評いただいております。

――観光情報案内の情報はどのように収集していますか?

小嶋:アニメの観光地になっている地方の自治体様などに声掛けをさせていただき、趣旨説明や聖地情報の収集をさせていただきました。個々に情報発信している自治体様にとっては日本中のアニメ情報をまとめて発信できる秘密基地ができることに非常に興味を示していただき、こころよく聖地情報をご提供いただいています。

◆コスプレ姿の外国人スタッフがご案内

――常駐の店員「オタクスタッフ」について教えてください

小嶋:アニメ好きな中国からの留学生を採用しました。現在は英語、中国語、韓国語、タイ語の5言語での対応が可能です。また、アニメや関連イベントなどの情報を日々、SNSにて発信し、ポップカルチャーを通じた国際観光交流を実現しています。今後は彼、彼女らとともにオリジナルの聖地を巡礼するツアーなども提案していきたいと考えています。

――そのほか今後、予定している展開は?

小嶋:12月4日にはラジオ大阪様とのコラボで「OTA BASE企画第一弾」として人気の声優さんと行くバスツアーを企画発売しました。今回は日本人の方がメインの対象になりますが、今後は外国人の方も参加いただけるツアーを企画していく予定です。

 ――もちろん、外国人観光客ではなくても「OTA BASE」に遊びに訪れることはできる。いまや世界に誇る日本の「アニメ産業」や「クールジャパン」の最前線をぜひこの目で確認してほしい。

 「OTA BASE」では日々さまざまな試行錯誤が繰り広げられている。いずれそこが日本の代表的観光施設として、世界に知られる日もそう遠くはないかもしれない。

【OTA BASE 宅男基地】
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-4-3心斎橋OPA本館8階
09:00-21:00 (Mon-Sun) TEL:06-0653-8866
http://otabase.jp/

<取材・文/HBO取材班 写真提供/H.I.S.>