無印良品とコラボの中国・自転車スタートアップ企業「700Bike」の飛躍

写真拡大

中国深センにR&D拠点を置き、北京が本拠のスマート自転車企業が「700Bike」だ。この分野では様々なスタートアップ企業がしのぎを削るなか、IoT的なアプローチで差別化を図っている。

700Bikeの自転車は軽量で折りたたみ可能な車体に、トラッカーとデジタルディスプレイを搭載。ユーザーはサイクリング中に走行距離や速度だけでなく、燃焼カロリーを確認できる。専用アプリとブルートゥース連携を行なうことで、ロケーションやデータの蓄積も可能だ。電源は走行中の自己発電で供給されるため、充電の必要が無い点もメリットと言える。

700Bikeの製品はドイツの国際的なプロダクトデザイン賞である、レッド・ドット・デザイン賞を受賞している。筆者は同社の深センオフィス内で短時間の試験走行をしたが、車体の重量は約11キログラムと非常に軽く、乗り心地はとても快適だった。

700Bike創業者のZhang Xiangdongはナスダック上場のテック企業の社長を務めていたが、自転車好きが高じてその職場を去り、同社を起業したのだという。

「700Bikeの社名の由来はZhangが毎朝7時に起きて、自転車に乗ることから来ています。他の人々にも同じライフスタイルを提案したいという思いで、この名前をつけました」と同社の広報担当者は話した。

現状では700Bikeの製品は、ほぼ中国国内のみで売られているが、最近になって日本の無印良品とのコラボも開始しており、今後は海外での販売も拡大しそうだ。担当者によると700Bikeのミニマリスティックなデザインに注目した無印良品からアプローチがあったという。

同社のフラッグシップモデルのGalaxyは1,099ドルで販売されている。創業間もない700Bikeは中国から徐々に西側の諸国に地盤を広げつつある。