朝鮮中央テレビが動画サイトYouTubeに開設していたページが、突然削除された。

北朝鮮のテクノロジーを専門に伝えるアメリカのニュースサイト、North Korea Techによると、朝鮮中央テレビのYoutubeページが、21日から急に表示されなくなった。

現在、同ページに入ると、「YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反していたため、このアカウントを停止しました」とのメッセージが表示される。

制裁抵触を問題視?

このページには、17時と20時のニュースに加え、様々な番組が放送後しばらくしてアップロードされ、朝鮮中央テレビを見る衛星放送の設備を持たない人々には、北朝鮮のニュースに触れる貴重なソースとなっていた。

Youtubeのページと連動していたFacebookのページは閉鎖されていないものの、18日から更新が止まっている。

Youtubeは、国連安保理の対北朝鮮経済制裁と関連し、このページから広告収入が得られることを問題視し、閉鎖したものと思われる。

しかし、このページの運営者が誰なのかはわかっておらず、国外にいる人が衛星放送で受信した朝鮮中央テレビを番組をアップロードしていた可能性もなくはない。

米国から「ひどい」との声

Youtubeは、この件について一切の発表を行っていない。

今回の閉鎖について、米ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」のジェニー・タウン編集長はTwitterで「北朝鮮を理解、分析する人にとって今回の閉鎖は大きな損失」と述べている。また、ワシントン・ポスト東京支局のアンナ・ファイフィールド支局長もTwitterで「Youtubeはなんてひどい決定を下したのだ」と嘆いている。

幸い、朝鮮中央テレビの動画をアップロードしている他のアカウントがあるため、全く見られなくなるわけではない。