ジャンボ530ml(左)と詰替用380ml

写真拡大

クラシエホームプロダクツ(東京都港区)は「ご当地ボディソープ」企画第2弾として、神奈川県産「サトザクラ花エキス」を配合した「ナイーブ ボディソープ(桜の花)」(ジャンボ530ml/詰替用380ml)を2016年11月28日に数量限定発売する。

クラシエホームプロダクツ「ご当地」企画第2弾

ブランド誕生以来、植物由来成分処方を生かしてきた「ナイーブ」は、日本各地の旬の植物や季節のイベントに関連する植物素材を使用した「ご当地ボディソープ」企画を16年8月に開始。日本全国を11エリアに分けて、各エリアが誇る植物成分を配合する計画だ。

今回はその第2弾「ナイーブ ボディソープ(桜の花)」。うるおい成分として神奈川県産「サトザクラ花エキス」を配合した。やさしく華やかなさくらの香りが特長だ。

神奈川県は江戸時代から桜の花漬けの生産が始まり、食用のほか加工用桜の生産量は全国トップを誇る。

「ナイーブ ボディソープ(桜の花)」は「石けん洗浄成分」と「アミノ酸系洗浄成分」をベースにしており、植物生まれのやさしい泡でサッパリと気持ちよく洗い上げてくれる。

着色料・鉱物油・シリコン・パラベン・アルコール(エタノール)フリーで子供のデリケートな肌もやさしく洗うことができる。

これから本格化する受験シーズンに向け「さくら咲く」の願いを込め、絵馬をかたどった「必勝祈願」のアイコン付き。

全国のドラッグストア、スーパーマーケットで取り扱う。