香港特別行政区政府と米ウォルト・ディズニー・カンパニーは22日に香港で、100億香港ドルを超える投資を行い、香港ディズニーランドを拡張する計画であることを明らかにした。

写真拡大

香港特別行政区政府と米ウォルト・ディズニー・カンパニーは22日に香港で、100億香港ドル(約1450億円)を超える投資を行い、香港ディズニーランドを拡張する計画であることを明らかにした。新たに「アナと雪の女王」と米マーベル・コミックのヒーローをテーマにしたエリアを設ける。新華社が伝えた。

拡張プロジェクトの総投資額は109億香港ドル。完成すれば、ランド内のエリアは現在の7カ所から9カ所になり、アトラクションは110から130に増える。眠れる森の美女の城もリニューアルされる予定だ。

香港ディズニーは2005年に開園し、最初の10年間にのべ5800万人が来園して、香港にもたらした観光収入は1360億香港ドル(約2兆円)に達した。この間に香港の観光産業にもたらした雇用は20万人に迫った。(提供/人民網日本語版・編集/KS)