「ののじ 根菜フリルサラダ 削り〜ナ」の動画広告に出演する福原遥

写真拡大

11月26日(土)よりYouTubeや株式会社レーベン販売HPなどで公開される「ののじ 根菜フリルサラダ 削り〜ナ」の動画広告に、福原遥が出演。福原は、突然衣装のフリルをもいで食べてしまうかわいらしいモデルを演じている。

【写真を見る】スカートのフリルをかじるかわいらしい福原遥の表情にも注目

手軽に根菜を波切りカットできる「ののじ 根菜フリルサラダ 削り〜ナ」。福原の衣装にはニンジン40本、ダイコン5本から作られたフリル700枚(ニンジン500枚、ダイコン200枚)が縫い付けられている。

総重量5kgにもなる衣装は、福原の体形に合わせて制作された特注品で、生の野菜を使用しているため、本番で傷まないよう野菜を削るところからわずか3時間で仕上げられたという。「ののじ 根菜フリルサラダ 削り〜ナ」の特長を最大限に活用し、素早く、薄く、均等に、短時間でクオリティーの高い仕上がりとなった。

そんな物語の舞台は、海外のモード写真の撮影さながらのスタジオ。撮影中、福原はおもむろにスカート部分のオレンジ色のフリルを1枚もいだかと思いきや、口元に持っていき「パリッ!」といい音をさせて食べ始めてしまう展開。

大人っぽいモード風なドレスを着こなす福原のクールな美しさと、実はドレスのフリルが野菜で作られていて、福原がおいしく食べてしまうという演出のギャップが見どころとなっている。

今回特注のドレスを着た福原は「衣装がどんな感じか想像がつかなかったんですが、ダイコンとニンジンでこんなにかわいい衣装が作れるんだってびっくりしました。衣装は思ったより重かったです。でもダイコンとニンジンを合わせたにおいが、ナシのようなにおいに感じて、撮影中は甘い香りに包まれていました」と語り、撮影を楽しんだ様子。

「根菜フリルサラダ 削り〜ナを使うことでお子さんも包丁よりも安全で、気軽にお料理ができると思います。根菜フリルサラダ 削り〜ナを持ってお子さんと一緒に野菜を削ったら、野菜をもっと食べてくれるんじゃないかなと思います」とアピールした。