世界知的所有権機関は23日にジュネーブで報告書を発表し、中国の2015年の特許出願件数が初めて1年で100万件を超え、世界の特許出願件数の記録更新を促したとした。

写真拡大

世界知的所有権機関は23日にジュネーブで報告書を発表し、中国の2015年の特許出願件数が初めて1年で100万件を超え、世界の特許出願件数の記録更新を促したとした。新華社が伝えた。

同日発表された「世界知的所有権指標」年間報告書によると、2015年に世界各地で約290万件の特許出願があり、前年比7.8%増となった。特許保護の需要が6年連続で増加を維持した。

中国国家知識産権局(知財局)は2015年に110万件以上の特許出願を受理した。この数は世界2〜4位の米国、日本、韓国の特許主管機構が受理した件数の総和にほぼ相当する。うち米国は約58万9000件で第2位、日本は約31万8000件で第3位、韓国は約21万3000件で第4位となっている。

また、全世界の2015年の特許取得件数は約124万件。中国の特許取得件数の増加により、前年比で5.2%増となった。中国の2015年の特許取得件数は約35万9000件で、米国の約29万8000件を超え世界最多となった。また商標・意匠の出願件数でも、中国が世界一になった。(提供/人民網日本語版・編集YF)