U-KISS、初の全国ベストツアー開幕!

写真拡大 (全3枚)

日本デビュー5周年を迎えたU-KISSの初の全国ベストツアーが23日札幌で幕を開け、11月25日、東京公演はオリンパスホール八王子で開催された。

全ツアー会場、昼公演と夜公演の二部制となっており、今回の見どころはなんといっても昼と夜とでセットリストが異なるところだ。日本デビュー曲「Tick Tack」をはじめU-KISSの全てがつまった構成となっている。

MCでは、2014年からU-KISSに加入した末っ子のジュンが初めて参加する曲もあり、「今回はU-KISSにとって意味のあるツアー。タイトル通り“BEST”な姿をみんなに見せたい」(ジュン)と意気込みをみせた。

そして、この日はケビンの誕生日ということで、サプライズでケーキが登場。5周年のロゴが入った大きなバースデーケーキにケビンも感激した様子を見せた。「自分の誕生日がライブと重なるのは日本で初めて。ファンのみんなと一緒に過ごせて一生忘れられない特別な日になった。愛しています」(ケビン)と感謝の気持ちを述べた。

11月16日に発売された最新シングル「PaNiC!」の曲が流れると全身白い衣装に身を包んだメンバーがCHIC-Smartに乗って登場。CHIC-Smartを自在に乗りこなしステージ上を華麗に動き回るメンバーの姿に会場からも歓声が沸いた。さらに、12月21日に発売するベストアルバムに収録される新曲バラード「Lots of love」も披露された。この曲は、メンバー一人ひとりがファンへの想いを綴り、それをアーティスト「K」がまとめて作詞にした。メンバーの気持ちがつまったバラードに観客も聴き入るようにじっと耳を傾けていた。

後半にさしかかりメンバーからファンへのメッセージが伝えられるとファンの目からは涙が溢れた。初期から応援しているファンには想い出が蘇るライブとして、初めて見る人にはU-KISSの歴史を知ることができるライブとなっており、まさに誰もが楽しめる“BEST”なライブとなっている。U-KISSの全国ツアーは12月25日のパシフィコ横浜公演まで続く。

関連サイト
U-KISSオフィシャルHP