25日、韓国メディアによると、28日に国定歴史教科書の現場検討本の公開を控える韓国の教育部が、事実上「国定化」を撤回する方針を固めたことが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年11月25日、韓国・文化日報によると、28日に国定歴史教科書の現場検討本の公開を控える韓国の教育部が、事実上「国定化」を撤回する方針を固めたことが分かった。

朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入事件により国民世論が極度に悪化している状況で歴史教科書の国定化を強行する場合、教育現場の感情的反発を招き、「歴史教科書を正す」という趣旨自体が損なわれてしまうことを懸念したためだという。また、教育部は代案として「国・検定混用案」を推進する方針だ。国定歴史教科書を予定通り来年から発行する一方で現行の検定歴史教科書も残し、学校が自主的に選択できるようにするというもの。事実上「質」で勝負する方針であるとみられている。教育部関係者は「バランスの取れた叙述のために心血を注いで作った。他の教科書に比べて競争力があると考える」と話した。

教育部は国定化撤回を含む政策の方向修正は避けられないとする意見を25日中に大統領府に提案する予定。しかし、歴史教科書国定化への意志が強い朴大統領が教育部の方針を受け入れるかは未知数だという。朴大統領が受け入れなかった場合は李俊植(イ・ジュンシク)副首相兼教育部長官が辞意を表明する可能性があるとの予測も出ており、今後の動きに大きな注目が集まっている。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「撤回は当然のこと。今は誰が親日売国奴行為をしたのか、徹底的に調べ上げて歴史の審判を受けさせなければならない時」
「これまでに費やしたお金はどうするの?朴大統領のせいで国がめちゃくちゃだ」

「撤回するように見せかけて結局は強行するのだろう」
「質で勝負?国定教科書は高品質で既存の教科書は低品質ということ?」

「大韓民国の主人は国民。国民が反対しているのなら当然中止するべき」
「理由は執筆陣が恥ずかしくて名前の公開を嫌がっているからでしょ?執筆陣の名簿を公開できない国定教科書なんて、常識的に考えておかしい」
「韓国には腐っていない場所がない。韓国国民であることが情けない」

「少しずつ国が正常に戻っているようだ」
「とにかく、朴大統領が韓国に迷惑ばかりかけた大統領として国民に記憶されることだけは確か」(翻訳・編集/堂本)