国民の期待に応え  蔡総統、司法改革国是準備委員会初開催/台湾

写真拡大

(台北 25日 中央社)司法改革に対する国民の期待に応えるため蔡英文総統は25日、総統府(台北市)内で「総統府司法改革国是会議準備委員会」初回会議を開いた。席上、異なる分野の専門家による参与や国民のための司法制度の構築など、改革の方向性が示された。

改革のやり方については、インターネットや手紙、公文書、電話などを通じて国民の声に耳を傾け、国民全体が参加できるようにしたいとしている。

台湾では17年前にも司法改革をめぐる全国会議が開催された。蔡総統によると、当時は法律の専門家による集中会議で民主化後の第1回司法改革の方向が決められており、蔡氏は今回の会議開催は民主化後の台湾における第2段階の司法改革の始まりだと述べた。改革の討議では国民の意見を取り上げる方針。

この日の会議では国是会議を意見収集、分科会、総括の3段階に分けて行うことが確認された。このうち、意見収集作業はすでに今月1日から始動、分科会は来年2月中旬から5月下旬、総括会議は来年5月下旬から6月末にかけてそれぞれ開催の予定。

(葉素萍/編集:荘麗玲)