リスアニ!LIVE TAIWANのフェイスブックページより

写真拡大 (全2枚)

(新北 25日 中央社)12月上旬に台湾訪問を予定していた声優の水瀬いのりさんに対し、インターネット上で殺害予告をしたとして、台湾の警察は19日、南部・高雄在住の20代の男を恐喝などの疑いで書類送検した。ワーナーミュージック台湾は25日、水瀬さんの訪台の中止を発表した。

近日、インターネット上に水瀬さんの殺害を予告する動画や文章が投稿され、台湾側の関係者は18日、新北市政府警察局汐止分局に通報。警察は特別捜査チームを設置し、IPアドレスや投稿に掲載されていた電話番号から容疑者を割り出した。犯行動機は公表されていない。

水瀬さんは台北市内で来月3日に「リスアニ!LIVE TAIWAN Supported by 戦闘女子学園」に出演、同4日にファンイベントを開催予定だった。日本で今月26日から来月23日までに開催される予定だった新曲発売記念イベントも中止が決まった。

水瀬さんは自身のフェイスブックで「ファンの皆さんに会いに行くことができなくなり、とても悲しく残念な気持ちです。本当に申し訳ありません。絶対次の機会を作りたいと思いますので、どうかご理解ください」とコメントした。

台湾のファンからは「どんな奴がやったんだ」「海外に恥を晒してしまった」など容疑者に対する怒りの声が上がっている。

(王鴻国、王靖怡/編集:名切千絵)