広瀬アリス、yasuの登場に感涙!

写真拡大

Acid Black Cherryのコンセプトアルバムを映画化した『L-エル-』の初日舞台挨拶が11月25日にTOHOシネマズ新宿で開催され、広瀬アリス、古川雄輝、下山天監督が登壇。サプライズでAcid Black Cherryのyasuが駆けつけ、感激した広瀬が瞳をうるませた。

【写真を見る】広瀬アリス、純白ワンピで登場!古川雄輝の短め丈のジャケットにツッコミをいれる一幕も

本作は、愛を探し求める女性・エルの孤独で壮絶な人生を綴る物語。花束を持ってyasuがステージに登場すると、会場からは大歓声が沸き起こった。広瀬と古川も目を丸くして驚くことしきり。頬を紅潮させながら、花束を受け取った。

レコーディングの合間をぬって駆けつけたと言うyasuは「まさかこういう形で映画化していただけるとは。しかもこんなに素敵な監督と役者さん」と映画の完成に喜びの一言。「いろいろな形のエンタテインメントができればいいなと思って、コンセプトアルバムを作ってきた。僕たちの手を離れて、みなさんの元にまた違った形で届くというのはなんとも言えないくらい幸せな気持ち」としみじみと話していた。

また先日、喉の不調が報じられたyasuだが、「今もレコーディングをやっているので、なんとか大丈夫です」と元気な笑顔を見せ、ファンを安心させる一幕もあった。

yasuがステージを去ると、広瀬は「びっくりしたー!本当に知らない!」と絶叫。広瀬の兄はAcid Black Cherryの大ファンだそうで、「超自慢します。本当にうれしいです」とご満悦。yasuとは初対面となった古川は「ただただびっくりしています」と呆然としながら、「かっこいい」と率直な感想を述べていた。

最後には、広瀬が「音楽アルバムを実写化するというのは、プレッシャーがあった」と告白。「自分のなかの新しい挑戦として頑張りたいと思った。やっと今日という日を迎えることができました」と胸の内を明かすと、思わず涙があふれた。「この作品で自分が大きく成長できた。この瞬間、瞬間を大事にしたいと思ってつくった作品。全員で身を削ってつくった作品です」と力強く語り、会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】