25日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本旅行に行く前に知っておくべき10のことについて紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年11月25日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本旅行に行く前に知っておくべき10のことについて紹介する記事を掲載した。

家に入る時は靴を脱ぐこと、タクシーのドアは自動ドアであること、レストランでは冷たい水が出ること、温泉に入る時は髪の毛を湯船に入れてはならないこと、地震が発生してもすぐに逃げる必要はないこと、交通カードは地域別で共通とは限らないこと、路上にごみ箱がないこと、落とし物をしても見つかること、自動販売機があるので水筒を持ち歩く必要はないこと、新宿駅や渋谷駅では迷子になりやすいことを挙げた。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「秋葉原駅の方が難しいと思う」
「なくしたものが戻ってくるというのはいいな」
「ごみ箱がないのは爆弾が多すぎるからだろ」

「日本に行ったらみんな日本が好きになるさ」
「いつになったら中国人も日本人のように衛生を保てるようになるのだろう」

「日本は変態的なまでに清潔だ。でも路上で喫煙する人がいないというのが一番好きだな」
「歴史を抜きにすれば中国も日本のような国になってほしいとみんな思っているはず」

「なんで日本なんかに行かなきゃなんだよ」
「日本旅行に行くということ自体が恥ずかしいことだ」

「こんなの知る必要はない。日本に行くことはないのだから」
「お金がないので日本に行けません」(翻訳・編集/山中)