どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極めるいい機会でもあるのです。

ここでは、男性が本命の相手にしかしない10の行動を紹介します。「あの人、私のことどう思ってくれているんだろう?」と悩んでいる女性は、ぜひチェックしてみてください。

01.
抱き合って眠る

ベッドが狭いわけでもないのにわざわざ抱き合って眠りたがるのは、あなたを手放したくないという気持ちのあらわれでしょう。

02.
あなたのために
進んで腕を貸してくれる

腕枕は、恋人同士なら当たり前とも言える行為のひとつ。でも、男性からすると腕に結構な負担がかかるから、ずっとするのは疲れるみたい。

それなのに平静を装って優しく腕を貸してくれる彼は、きっとあなたを大切に思っているのでしょう。

03.
強引にセックスを
進めようとしない

強引に自分のペースでセックスに持ち込もうとする男性は、きっとあなたのことを「遊び相手」だと考えています。

本当に好きな相手とは、ちゃんとお互いの気持ちを確認しながら進めていくはず。理性を抑えて相手を思いやることができるのは、性欲よりも愛情のほうが大きい証拠。

04.
自分よりも
あなたに満足してほしい

たとえ自分が満足していなくても、あなたが満足すればそこで行為を終了してもいいのは、本命の相手だから。

05.
前戯には時間をかけて
ていねいに

前戯に時間をかけるのも、あなたが本命だという証拠。好きでもない相手とのセックスだったら、早く自分が気持ちよくなりたいがために、前戯にもあまり時間をかけないでしょう。

06.
本番がすぐに終わる

本命の相手への前戯は時間をかけると書きましたが、その間に気持ちが高ぶりすぎて、時には本番がすぐに終わってしまうこともあるようです。

「え、もうイッたの?」と思うかもしれませんが、あなたに愛があるからこその現象です。

07.
眠っているあなたの頭を
そっと撫でてくれる

これは、寝ている最中のことだからあなたは気づかないでしょう。大好きな女性の寝顔を見ると「守ってあげたい」という気持ちから、そっと頭を撫でたくなるんだって。

08.
寝顔の写真を撮ろうとする

さらに、寝顔を写真におさめたくなることも。女性からすれば嫌だな〜と思うかもしれませんが、それだけ想いが強いということ。

09.
たくさんキスを
してくれる

本命の相手とのキスは、お互いの想いを確かめる大切な行為。セックスの最中も、さらにあとにもキスを求めてくるはず。

10.
行為が終わったあとに
手を繋つないでくれる

男性に訪れるという「賢者タイム」。急に気持ちが冷めてしまい、何もやりたくなくなるそうですが、好きじゃない女性の前では、それを態度に出してくるでしょう。そのつもりはなくてもあらわれてしまうものなんです。たとえば、すぐにひとりでシャワーを浴びに行ったり、背中を向けてタバコを吸いはじめたり…。

でも大切な本命の女性に対しては、不安を感じさせてしまわないように頭を撫でたり、腕枕をしたり、手を繋いだりしてくれるもの。