株や投信をはじめ、安全系の資産運用に役立つ商品対決などマネーに関するお役立ち情報が満載。株の手数料や銀行の金利、今月のお得な保険など投資家が気になる詳細データも網羅。要チェック!

STATION 今月の特急 株

29期連続増収増益の家具販売大手

国内の消費が低迷しています。特に、百貨店業界は高額品の販売低下とインバウンド(訪日外国人)需要の減少に苦戦中です。しかし一方で、小売業全体が不振なわけではなく、特色あるサービスを提供する会社の売り上げは好調に推移している状況にあります。

家具のニトリホールデイングスは、接触冷感機能を持つ「Nクール」寝具をはじめとするホームファッション用品が業績を引っ張り、2016年2月期まで 29 期連続の増収増益を達成しています。

最近では、従来の郊外ロードサイドに加え、都市部の百貨店やGMS(総合スーパー)への積極的な出店を推進中です。

さらに大都市圏でも、名古屋、横浜、東京の上野や新宿、池袋、渋谷などへと、次々に出店しています。都市部への進出で、都市部に住んでいる女性客をつかむ狙いのほか、ブランド力の強化という効果への期待大です。海外展開は、現在 40 店舗未満ですが、着実に増やしていく計画を示しています。

株価は、8月の安値1万360円をつけた後、反発しています。 25 日移動平均線近辺での押し目を狙い、史上最高値奪回からもう一段高に期待したいです。

STATION 今月の快速 投信

投資先がわかりやすく、全国の郵便局で買える

10 月の日経平均株価は米国大統領選挙をにらんでか、ボックス圏での動きとなりました。上にも下にもあまり動かず、個別の材料株に資金が入るという状況です。

そんな中、投資初心者が投資信託を探す場合、為替ヘッジの有無、通貨選択タイプなどはその仕組みがやや複雑なため選択肢から外したいです。

そこでわかりやすさに重点を置き、「大和ストックインデックス225ファンド」を推奨ファンドとしました。日経平均連動型のインデックスファンドで、投資対象や今後の展開を把握するうえで非常にわかりやすく、また販売先が全国のゆうちょ銀行(郵便局)出向きやすく、相談しやすいのも初心者にとってはうれしいポイントです。

長期投資で臨みたいですが、PERやPBRなどの株価指標を学習し、日経平均の各指標が一定の水準に達し、やや割高感を示し始めたころに売却するといった目安を設けるのも初心者にはいい勉強、経験になるでしょう。

また、ドル・コスト平均法を意識した積立投資にも向いていると思います。

教えてくれたのは
投資アドバイザー  小沼正則さん MASANORI ONUMA
内山FP総合事務所代表  内山貴博さん TAKAHIRO UCHIYAMA