「解散&脱退」YGの電撃発表にネット騒然…ガールズグループは1組に

写真拡大

YGエンターテイメント(以下YG) が刀を抜いた。

YGは25日、2NE1の解散とグループWINNER ナム・テヒョンの脱退と専属契約の解約を宣言した。

YGは「2016年5月、2NE1の専属契約は満了となり、MINZYを除いた残りのメンバーたちと長い話し合いの末に2NE1の解散を決定した」と発表した。

加えてWINNER ナム・テヒョンの脱退と専属契約解約も伝えた。YGはナム・テヒョンの脱退理由について、「子供の頃から経験してきた心理的な問題があり、回復と復帰時期を予測することができない状況」とし「長い話し合いの末、WINNERとして活動を続けていくことは不可能であると判断し、11月18日、専属契約を解除した」と伝えた。

実際、音楽界は2NE1の存続問題について以前から否定的に考えていた。メンバーMINZYの脱退で軸を失い、BOMにつきまとう薬物問題も障害物だった。

YG最初のローンチガールグループだった2NE1は、長い間苦心を重ねたが、YGは最終的に解散という刀を抜き、合理的で効率的な方を選択した。

ナム・テヒョンの場合も同様である。やはりYGは心理的な問題などを訴えて活動にマイナスの影響を与えるナム・テヒョンについて、少なからぬ時間の猶予を与えたが、これ以上は待つことができないという結論を下した。最終的には脱退と契約解除という選択をした。

これによりYGのガールズグループは、BLACK PINKだけが残ることになった。WINNERはナム・テヒョンという主要メンバーが抜けたまま4人組で活動を継続する見込みである。

この日、YGの公式発表のニュースが報じられるとネット上では「信じられない」「ショック」などといった反応が相次いだ。ファンを始め多くの人々が動揺を隠せない状況だ。