(写真協力=MAXIM KOREA)

写真拡大

韓国では男性スポーツに関わる美女たちを“スポーツ女神”と呼ぶ。そんなスポーツ女神の“次世代”として注目されている女子アナウンサーがいる。テレビ局SBSのアナウンサー、ホン・ジェギョンがその人だ。

ホン・ジェギョンはもともとJTBCでお天気姉さんを務めていたが、2014年からSBS Sportsの看板アナウンサーとして活躍している。

こんなにセクシーだったっけ?

彼女は最近、韓国で人気の男性誌『MAXIM KOREA』で表紙とグラビアを飾り、そのセクシーな写真が話題となった。

【さらに写真を見る】グラマラス女子アナ!! ホン・ジェギョンが次世代“スポーツ女神”と呼ばれるワケ

『MAXIM KOREA』編集部は、ホン・ジェギョンのグラビアに対して「これまで放送では見られなかった別の魅力を存分に見せ付けた」と評している。また、彼女もセクシーさを要求するカメラマンの注文に見事に答えて、現場の雰囲気を盛り上げたという。

『MAXIM KOREA』とのインタビューでは、スポーツに対する深い愛情も披露。今まで経験したスポーツとして水泳、テコンドー、バレエ、剣道、卓球、スカッシュ、ゴルフなど挙げた。

また彼氏の条件として「スポーツを楽しむ人」であることはもちろん、「私の卓球スマッシュを受け流すことができる男性」と付け加えているのだから、スポーツへの関心の高さがうかがえる。

忙しくスポーツの現場を訪れているホン・ジェギョンは、休日もスポーツ漬けだという。『MAXIM KOREA』のグラビアでは、トレーニングウェア姿も公開。

アナウンサーとは思えない迫力がある。

また、別の韓国メディアとのインタビューで休日について問われると、こう答えた。

「最近はバレーボールコートに通っている。お休みの日は運動が好きで、毎日行います。恋愛をしていないので、趣味の運動ばかり(笑)。一週間に2回はバレエ、1回は卓球、そしてゴルフもします。毎日、ウエイトトレーニングもしていますよ」

本当のスポーツ好きだからこそ、“スポーツ女神”と呼ばれているのだろう。

本人はこの呼び名について、「本当の女神はチアリーダーたちだと思う(笑)。スタイルも良くてかわいい。彼女たちが本当の女神。私はその近くにいるだけなので、ついでに呼ばれているだけでしょう」と謙遜している。

韓国でも日本と同じように、女子アナとスポーツ選手の熱愛は多い。また、女子アナにはどうしても外見に注目が集まる。

ホン・ジェギョンは、「女性アナウンサーは見た目も重要だと思います」と話す。

「周りからも見た目を要求されるときがあります。男性アナウンサーと違って、そういった気配りもしなければなりません。もちろん、専門知識も持っていないといけないですけどね」

まだまだアナウンサーとしては若く、現在はさまざまな経験を積む段階といえるホン・ジェギョン。“次世代スポーツ女神”を応援していきたい。

(文=S-KOREA編集部)