<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇25日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>
今大会までに7つのイーグルを奪い、イーグル数でトップに立っているキム・ハヌル(韓国)が「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」2日目に8つ目のイーグルを奪取。イーグル数2位の鈴木愛、笠りつ子に2つの差をつけて、ランキング1位をほぼ手中に収めた。
最終戦開幕!2日目の様子をライブフォトでプレイバック
今日奪ったイーグルは9番パー5。2オンに成功すると手前20mから「まさか入るとは思ってなかったですね。寄せてバーディでいい、と気楽に打ちました」という打球はスルスルとカップに一直線。先に同ホールをイーグルとしていた同組の堀琴音とハイタッチで喜びを分かち合った。
意外にもハヌルが今季パー5でイーグルを奪うのは初めて。ホールインワン3度にパー4で2打目を直接入れたのが4回。元々韓国時代からそんなにイーグルを奪うほうではなく、5個目を奪った時点で「初めての経験。自分でも信じられないです」と話していた。
ちなみに今日イーグルを奪ったパターは今週から入れたもの。オデッセイのWHITE HOT RX。センターシャフトを差しており、導入について関係者は「まっすぐの意識をより持ちたいからセンターシャフトを打ちたいということです」とコメントしている。
このイーグルなどで今日スコアを3つ伸ばしトータル4アンダーの2位に浮上したハヌル。「韓国からファンクラブの方も来てるし、久しぶりに家族全員が揃って応援に来てくれました。期待に応えるためにももっと頑張りたいですね」と残り2日での更なる飛躍を誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第39回】
ボミ、ハヌルら続々追加中!女子プロ写真館