スコアを1つ落とした渡邉彩香は、激動の一日に疲労困憊(撮影:米山聡明)

写真拡大

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇25日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>
最大瞬間風速13.8m/sの風が吹いた初日に単独首位に立った渡邉彩香。2日目は風速1.3m/sと比較的に穏やかになった風とは対照的に激動の1日となった。
2日目の選手達のプレーをライブフォトでチェック!
P・チュティチャイ(タイ)との最終組でスタートした渡邉は「エッジからの距離感が合ってなくて。そんなことをやってるうちにショットまで曲がり始めた」と3番からまさかの3連続ボギー。さらに7番でもボギーを叩いて、イーブンパーまで落としてしまう。
だが、続く8番でバウンスバックすると9番でもバーディを奪取。さらに折り返してからの12番でもバーディを奪うと、何度もティショットを林に入れながらもボギー1つにまとめて迎えた最終18番では、残り137ヤードから9番アイアンでピン1mに。バーディフィニッシュで首位と4打差のトータル3アンダー・3位タイに踏みとどまった。
ジェットコースターのようなラウンドに開口一番「疲れました(笑)」と笑った渡邉。とはいえ悲観する内容ではないと続ける。「前半崩しましたけど、後半はパターに自信が戻ってきて、ショットを曲げたのをパターでカバーできた。あれだけ曲げたのにアンダーパーでやれたことを自信にしてやっていきたいですね」と全体を評した。
「明日からの調子はドライバーに聞いてみます(笑)。と言っても、曲がるけど気持ちよくは振れてるからあとは狙い目だったり細かいところを修正していければ」。今季初優勝、そして自身初となるメジャー制覇へ。残り2日はショットの調整がカギとなる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【大王製紙エリエールレディス編】
ボミ、ハヌルら続々追加中!女子プロ写真館