『SING/シング』の陽気なクリスマス特別映像が到着/[c])Universal Studios.

写真拡大

ミニオンズ旋風を巻き起こした『怪盗グルー』シリーズや『ペット』(16)を生んだスタッフが手掛ける『SING/シング』(2017年3月17日公開)。1か月後に迫ったクリスマスを前に、本作に登場する動物たちが陽気に踊る特別映像が公開された。

【写真を見る】スケート場がダンスホールに!音楽をかけるグンター/[c])Universal Studios.

本映像は、タキシードやセーターなど赤と緑のクリスマスカラーの華やかな衣装に身を包んだ動物たちが、巨大なクリスマスツリーのあるスケート場で、冬の定番曲「そりすべり」を歌いながらアイススケートを楽しんでいるシーンから始まる。

そこに常にパーティ気分のグンター(ブタ)が登場し、アレンジを変更。トリー・ケリーが歌う、ディー・ライトの名曲「グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート」に乗せ、スケート会場がダンスホールへ様変わり!動物たちが流れるようにアイスダンスを披露する陽気な姿に、思わずこちらもノリノリになってしまう。

そんなグンターは、主人公でコアラのバスター・ムーンが大切な劇場を立て直すため、動物たちにむけて開催した歌のオーディション参加者。ほかにも、アガリ症のシャイなミーナ(ゾウ)、ギャングを抜け出し歌手を夢見るジョニー(ゴリラ)、我が道を貫くロックなアッシュ(ヤマアラシ)、25匹の子ブタ達の育児に追われる主婦ロジータ(ブタ)、貪欲で高慢なマイク(ハツカネズミ)ら個性あふれる候補者たちが続々登場。

人生を変えるチャンスを掴むため、彼らは一体どんなパフォーマンスを披露してくれるのか?本編には、レディー・ガガの「バッド・ロマンス」やビートルズの「ゴールデン・スランバー」などヒットソングがなんと65曲も使われており、子どもも大人も楽しめるミュージック・エンタテインメントに仕上がっている。【Movie Walker】