主軸に欧州で活躍する選手を揃え、満を持して迎えたドイツW杯だったが、初戦に思わぬ落とし穴が……。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

 川口能活、41歳。彼のサッカー人生は、言い換えれば、日本代表の“世界挑戦”の歴史と重ね合わせることができる。絶対に負けられない戦いのなかで、彼はどんなことを考えていたのか。「川口能活クロニクル」と題した、日本サッカー界のレジェンドが振り返る名勝負の知られざる舞台裏--。
 
第5回:2006年ドイツ・ワールドカップ グループリーグ第1戦
        日本 vs オーストラリア
 
■思い出したくないワーストゲーム
 自分のサッカー人生のなかで、最も思い出したくないゲーム。それが、2006年ドイツワールドカップ・グループリーグ初戦のオーストラリア戦です。
 
 2006年6月12日、カイザースラウテルン。
 この日、ジーコジャパンと呼ばれた僕たち日本代表は、ワールドカップの大事な初戦を迎えました。チーム状態は決して万全ではありませんでしたが、まさかオーストラリアを相手にあんな悲劇的な結末を迎えるとは思ってもいませんでした。
 
 いま振り返っても、当時のジーコジャパンは本当に魅力的なチームでした。欧州組と呼ばれるヨーロッパでプレーしている選手も増え、ヒデ(中田英寿)をはじめとした選手個々のクオリティは高く、世界の強豪と呼ばれる国とのテストマッチでも互角に渡り合えるレベルにありました。
 
 実際、前年のコンフェデレーションズカップでも、ギリシャ(〇1-0)、メキシコ(●1-2)、ブラジル(△2-2)との戦いを通じて確かな手応えをつかんでいました。タツ(久保竜彦)の負傷離脱は大きな痛手ではあったものの、チーム作りも順調に進んでいるように思えました。日本は4年前の2002年大会で決勝トーナメント進出を果たしましたが、ジーコジャパンはそれ以上の結果を残せるのではないかと、誰もが大きな希望を抱いていました。
 
 そして大会直前の5月30日にドイツ、6月4日にマルタとのテストマッチを経て、運命のオーストラリア戦へと臨むのですが、5月30日のドイツ戦で日本が予想以上のパフォーマンスを見せたことが、皮肉にも、チームの歯車を狂わせることになってしまったのです。
■ドイツ戦で自信が過信に変わった
 優勝候補の一角に挙げられていたドイツとのテストマッチ。そこで見せた日本のパフォーマンスは、間違いなくコンフェデレーションズカップ以上の出来だったと思います。パスワークとカウンターを効果的に使い分けながら、タカ(高原直泰)が2ゴールを叩き込み、周囲の予想に反して、2対2のドローゲームを演じたのです。
 
 テストマッチとはいえ、僕たちもまさかドイツ相手にここまでやれるとは思っていませんでした。あとから聞いた話ですが、ジーコ監督が思い描いていたシナリオとしてもまったく違っていたようです。本来ならば、ドイツに負けてチームに危機感を与えたあと、次のマルタとのテストマッチで課題を修正して、緊張感をもって本番を迎えようと考えていました。
 
 ところが、ドイツ戦はジーコ監督の思惑とはまったく逆の展開になってしまった。コンディショニングのピークが、本番ではなくドイツ戦に合ってしまったのです。素晴らしいパフォーマンスを演じて不安になるのもおかしな話ですが、この時はまさにそのような精神状況でした。僕たちのなかで自信が過信に変わってしまったのではないかと思います。
 
 ドイツ戦でベストゲームに近いパフォーマンスを見せた一方で、マルタには1対0で勝利したものの、本当に覇気が感じられない内容でした。
 
 試合後、ジーコ監督が僕たちに罵声を浴びせ、ミーティングルームは静まり返りました。彼が大声を張り上げて怒る姿を、僕はこの日初めて見ました。百戦錬磨の選手だったからこそ、なにかを感じ取っていたのでしょう。このままでは本大会で結果を残せないのではないかと……。