今日、お給料出たよね♪ 親友から借金を申し込まれたら?

写真拡大

お金の切れ目が縁の切れ目という言葉のとおり、なるべく親しい関係では、お金のやりとりをすることは避けたいもの。どれだけ仲の良い間柄でも、お金はそれを狂わせてしまうこともありますものね。仲のいい友だちからお金を貸してほしいとお願いされたらどうするか、社会人女性にアンケートを採ってみました。

Q.仲のいい友だちからお金を貸してほしいとお願いされたらどうしますか?

貸す……18.3%
貸さない……81.7%

ほとんどの人は、どれほど仲のいい友だちとしても、お金は貸さないという結果になりました。みなさん、それぞれどのように対応したのでしょうか。

<貸す>

■信頼できる相手なら

・「本当に信頼している友だちには貸す」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「長年の友だちで身元もはっきりしている信頼できる友だちなら、本当に困っているのだろうから助けたい。友だちだったら返してくれなくて関係悪化しても、いつか仲直りとかもできる気がする」(28歳/情報・IT/技術職)

付き合いの長い信頼できそうな友だちなら、お金を貸すことができるという人もいるようです。もし返してもらえなくても、自分でも納得できることができそうですものね。

■返してくれるから

・「信頼している子ならすぐに返ってくるから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「返してくれると思うから」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

仲の良い友だちなら、きっとお金は返してくれると信じたいもの。すぐに返ってくると思うなら、断る理由もなさそうですものね。

■少額なら

・「少額なら貸します」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「数万円までのかえってきそうなくらいの額なら貸す」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

あまり高額な金額を貸すことはできないけれど、少額なら貸せるという人もいるようです。もし返ってこなくても、それほど腹が立つ金額ではありませんものね。

<貸さない>

■友情を壊したくない

・「お金で友情が壊れるのはイヤだから。話はとことん聞いてあげる」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「お金で友情を壊したくないから。でも5,000円ぐらいまでなら貸す」(31歳/医療・福祉/専門職)

友だちとの友情を優先させたいのなら、あえてお金は貸さないほうがいいと思う人も少なくないようですね。お金が絡むと、感情がこじれてしまうことはわかりきっていますものね。

■クセになりそう

・「クセになってもイヤだし、トラブルの元になるのは避けたい」(30歳/情報・IT/事務系専門職)
・「一度貸したら続くと思う」(27歳/その他/専門職)

一度お金を貸してしまうと、その後に、また何度もせがまれることも考えられそうです。最初から貸さないことが、相手にとっても良いかもしれませんね。

■返ってこないかも

・「友だちにはお金は貸さない。返ってこないかもしれないから」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「返ってこない気がするから」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

お金を貸したとしても、返ってこない可能性は高いかもしれませんよね。どれほど親友だと思っていても、お金に困ってしまったときは、友だちどころではなくなるのでしょうから。

■まとめ

友だちとのお金の貸し借りについては、みなさん、いろいろ賛否両論あるようですね。基本的には貸しても返ってこないものと考えていたほうが、後々のトラブルを避けることができるのでは。近しい友だちほど、お金の貸し借りはしないほうが賢明かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数153件(22〜34歳の働く女性)