行定監督作『ジムノペディに乱れる』で主演を務めた板尾創路

写真拡大

かつて輝きを放っていた「日活ロマンポルノ」が、行定勲監督、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、中田秀夫監督によって蘇る。そんな「ロマンポルノ・リブートプロジェクト」の第1弾である行定監督作『ジムノペディに乱れる』 (11月26日公開)の主演を務めた板尾創路にインタビュー。「10分に1度、濡れ場がある」というロマンポルノに体当たりで挑んだ板尾は「毎日がクライマックスだった」と振り返る。

【写真を見る】板尾創路と芦名すみれの濡れ場に注目/[c]2016日活

『ジムノペディに乱れる』は、エリック・サティのジムノペディにのせてさまざまな濡れ場が展開されていく。板尾が演じたのは売れない映画監督の古谷(板尾創路)役で、仕事に対する鬱屈した思いだけではなく、男としての葛藤も浮き彫りにされる人間ドラマとなった。

「濡れ場はありますが、ストーリーだけを読むと普通の映画と何ら変わりはなかったです。僕も映画監督の経験があるので、現場もいっぱい知っているから監督の気持ちがわからないことはなかったし、周りも映画のスタッフばかりだったから違和感がなくすっと入れました。行定監督から、古谷監督のイメージの人がいると言われたので、その人の話を聞いたりもしました」。

ここまで濡れ場の連続だった現場は初めてだったという板尾は、体力的にとてもハードだったと述懐。「10分に1回濡れ場があるということは、最低でも1日1回はそういうシーンを撮るわけです。僕もスタッフの方も本当に毎日気を抜けないから毎日大変した。1週間の撮影でしたが熱かったです」。

しかも、相手役は芦名すみれや岡村いずみなど、気合十分に向かってくる新進女優ばかりだ。「カメラが回っていないところでは、できるだけいろいろとしゃべりかけるようにしました。別にアウェイな雰囲気ではないけど、裸でいなければいけないし、僕がほったらかすのはまずいだろうと。でも、演技のなかで気を遣うのは逆に失礼だし、みんなも『本番以外なら何でもやってください』と言ってくれていたので、そこは思い切りやりました」。

あまり細かくカットを切らない現場だったから、集中できたという板尾。「セックスがお芝居の一部に入っている頻度が高いということは、ある程度気持ちをちゃんとつなげていかないと物語としておかしくなるんです。でも、僕はこれまで濡れ場で感情を表現するということを数多くやってきていないから、そこでちゃんと見せるということが難しかったです」。

濡れ場といっても、相手やシチュエーションが違うシーンの連続だ。「順撮りしているわけじゃないから、頭のなかでストーリーを想像しながらやっていくんです。同じような濡れ場だとダメだし、段階を踏んでいくわけだから工夫することも必要で。どう演じたらいいのか自分でも正解がわからないなかで、話の流れや相手の気持ちを考えながら手探りでやっていった記憶はあります。それが上手く表現できていたかはわからないですが。ただ、すごい尺を濡れ場で占めているわけですから、映画における表現としては面白いなと思いました」。

ロマンポルノに出演したことで、板尾は改めて女性の強さにうなったと達観したような表情を見せる。「普遍的なことですが、やっぱり女の人の方が強いなと感じました。男の方が弱くて女の方が強い。僕たちは女性から生まれてきたんだなと実感しました」。

最後に板尾はロマンポルノについて「昔は映画監督がロマンポルノで、自分の主張をしたり、自分の世界を撮ったりしていたんだということを知ってほしい。ロマンポルノを観ていた世代としては、それを知らない若い人たちに観てほしいです」と訴えた。【取材・文/山崎伸子】