YG「2NE1解散」「WINNER ナム・テヒョンの脱退」を電撃発表

写真拡大 (全3枚)

YGエンターテインメント(以下YG) がグループ2NE1とWINNERの変化について発表した。

YGは25日、2NE1の解散決定とWINNERのメンバーナム・テヒョンの脱退について報告した。
YGは2NE1のCL、DARAとソロ契約を締結した。BOMとは再契約を締結していないと明らかにした。メンバーだったMINZYは既にチームを脱退し、YGと決別している。

WINNERは4人組で再編される。YGはすでにWINNERのメンバーナム・テヒョンが心理的な健康上の問題を持っており、それにより活動を暫定的に中断したことを発表していた。結局、長い話し合いの末ナム・テヒョンがWINNERとして活動を続けていくことは困難だと判断、専属契約を解約したことを伝えた。

大きな変化を経験し、新しい出発を知らせたYG所属ミュージシャンの歩みに、今後関心が集まるものと予想される。

以下、YGの公式発表全文である。

―2NE1公式解散の宣言

2016年5月2NE1の専属契約が満了し、MINZYが一緒にできない状況の中でYGは他のメンバーと長く議論した上で、2NE1の公式解散を決定することになりました。

2NE1は去る7年間YGを代表するガールズグループだったため、YGもその寂しさと残念な気持ちでいっぱいですが、活動を持続していくのは無理があると判断。約束できない2NE1の活動を期待するよりはメンバーのソロ活動に邁進することを決定しました。

今まで2NE1の音楽と彼女たちを愛してくれた韓国国内外の多くのファンの皆さんに心より感謝申し上げます。

YGは去る5月以降、CLとDARAのソロ契約を締結し、残念ながらBOMは再契約を締結していないことを公式的にお知らせ致します。

―WINNERメンバー、ナム・テヒョンの脱退について

今年、活発な活動を予告したWINNERが残念ながらメンバーナム・テヒョンの心理的な健康問題でこの数か月間すべての活動を中断した状態でした。

YGと他のメンバーはナム・テヒョンの健康回復を最優先的に考え、好転を期待してきました。

しかし、幼い頃から抱えてきた心理的な問題であり、回復と復帰時期を予測できない状況であったため、ナム・テヒョン側と長い相談の結果、WINNERとしての活動を持続することは不可能だと判断し、11月18日付けナム・テヒョンとの専属契約を終了することになりました。

自分のせいでチーム活動に支障をきたすナム・テヒョンのプレッシャーとデビュー2年目のWINNERの活動をこれ以上中断してはならないと判断したためです。

ナム・テヒョンがWINNERと一緒にいることはできなくなりましたが、今後各自の音楽活動を支持し応援する同僚になることを祈ります。

YGは新しいメンバーを入れることなく、4人体制のWINNER活動を本格的に準備して行こうと思います。新しいスタート地点に立っている4人のWINNERメンバーとナム・テヒョンにファンの皆様の大きな応援をお願い致します。

2016. 11. 25.