ヤクザの恋愛テクニックとは?

写真拡大

 山口組の分裂抗争をめぐる報道を見ていて気になるのが、ヤクザの行動原理である。無鉄砲にも見えるし、合理的にも見え、とかく一般人には理解し難い。だが、彼らのビジネスや恋愛の作法を見ると、そこにはヤクザ独特の行動原理があり、彼らなりの一貫性があることが分かってくる。

 元「週刊実話」編集長の下村勝二氏が上梓した『山口組式最強心理戦術 山口組のレジェンドたちが教えるビジネス・恋愛テクニック』は、その手助けとなる一冊だ。下村氏は、1984年の山一抗争(*)から30年、実話誌でヤクザ担当を務めて、実話誌の全盛時代を支えた人物だ。

【*竹中正久・四代目組長の襲名に反発して離脱した一和会と山口組との抗争。暴力団関係者25人が死亡した】

「ヤクザはケンカが強いだけでは務まらず、出世する大物は心理戦が得意です。『攻め役』と『なだめ役』に分かれ、相手の心が揺らいだところで自分に有利な落とし所を作る。そんなヤクザ独自の脅しも代表的な例です。ヤクザの争い事は、多数派工作や情報戦など心理的な駆け引きがある。ビジネスや恋愛にもそれを応用するため、それらを見ればヤクザの行動原理が多少は理解できるのではないでしょうか」(下村氏、以下同)

 ヤクザ特有の心理術は、恋愛からも見て取れる。

 山口組きっての武闘派として知られた柳川次郎・初代柳川組組長は、殴り込みをする際の決断はすべて「3分以内」だったとされる。これは「女の口説き方」にも共通していたという。

〈「君と出会ったときから忘れられない。女は一生、あんただけでいい。そもそもあなたの○○が好きだ」としっかりと3分で伝えきる〉(同書より)

 これぞ、ヤクザ流の口説き方だと、下村氏は言う。

「その場で覚悟を見せるのがヤクザのやり方。竹中正久・四代目組長は、『誰を殺してほしいねん。言うてみい』という伝説の口説き文句がありました。『おまえのためなら刑務所に行くことさえ厭わない』という覚悟を見せるわけです」

 出会いは豪快だが、意外にもその後の関係は繊細だ。

 山口組三代目若頭で山本健一初代山健組組長は、服役中には妻に、〈頑張って平気で帰宅しますから、安心して下さい〉といった手紙を送る「筆まめ」で知られた。山口組の金庫番と呼ばれた五代目山口組若頭の宅見勝・初代宅見組組長も、愛人との子供、さらには愛人の連れ子まで宅見姓を名乗れるようにしたという。

「ヤクザは、『釣ったあとも餌をあげ続ける』。いざというときに自分のために死ぬことも辞さない人間が数多くいるのが良いヤクザなので、大物組長ほど、女性にも子分にも気配りをする。

 ヤクザはそれで相手を『ジュリエット』にする。女性の場合は周囲に交際を反対されることで、かえって心酔していく。その上、自分を最後まで守ってくれるという安心感もある。ヤクザと付き合っているから危険な目に遭う確率も高くなるのですが、それは気にならなくなる。これは子分との関係でも同様です」

 抗争で子分が親分のために命を賭けるのは、このような心理的背景がある。では、親分が抗争を始めるときの心理的背景とは何か。

「ヤクザは独特の心理戦をしながら生きているため、大物同士が一度感情的な部分で対立してしまうと、譲れない意地と意地のぶつかりあいになり、一筋縄ではいかなくなってしまう。だから抗争になるんです」

 一般市民が犠牲となることだけは勘弁してほしい。

※週刊ポスト2016年12月2日号