「フレームアームズ・ガール」ついに2017年アニメ放送!(フレームアームズ・ガール フレズヴェルク)
 - (C)KOTOBUKIYA / FAGirl Project

写真拡大

 ホビーメーカーの株式会社壽屋(コトブキヤ)が展開する累計販売数50万個を突破したプラモデルシリーズ「フレームアームズ・ガール」が2017年にアニメ化されることが決定した。

 「フレームアームズ・ガール」は、コトブキヤが展開しているロボットコンテンツ「フレームアームズ」のスピンオフ。フレームアームズは、メカニックデザイナーの柳瀬敬之が手掛けた、共通素体(フレーム)に外装(アーマー)を装着することによって多様なデザインのロボットを組み上げることができるプラモデルだが、フレームアームズ・ガールでは、その機体をイラストレーターの島田フミカネが美少女に擬人化したものを商品化している(現在は複数のキャラクターデザイナーが参加)。

 発表と共にアニメ公式サイトもオープン。アニメの特報映像が公開される。また放送に先駆け、アニメ版の「轟雷・素体」など限定プラモデルキットが付属するブルーレイボックスや、特典付きドラマCDの予約も開始となる。

 さらに「月刊コンプエース」(KADOKAWA)におけるコミック連載も決定。「フレームアームズ・ガール ラボ・デイズ」(作家:常石ツネオ・原作:コトブキヤ・監修協力:赤尾でこ)のタイトルで、12月26日発売の2月号よりスタート予定だ。(編集部・入倉功一)