tv_20161125132723.jpg

写真拡大

「バスタオル1枚で楽しめる温泉テーマパーク・湯〜園地をつくります」こんな大分県別府市のPR動画にアクセスが殺到している。長野泰紘市長は「再生回数が100万回を超えたら実現させる」と宣言していたが、けさ25日(2016年10月)に123万回に達した。

温泉プールはもちろん、座席ごとに湯を入れたワゴンで走るジェットコースター、若いカップルがバスタオル姿でベンチにすわるなどの動画シーンが実際にできるものか。司会の加藤浩次が市長に聞いた。

たちまち再生123万回!市長は戸惑い「本当に超えるとは・・・」

市長は「別府にはお湯があふれているのに、地元で何もないという声を聞いてPRしたかったんです。100万回をこんなにも早く超えるとは思っていませんでした」と、なんだか戸惑っている。

加藤「動画と同じようにできるんですか」

いくらなんでもバスタオル1枚ではという指摘も出ているそうで、市長は「担当のチームをまずは編成します」という。

加藤が「すべて今からですか」

市長「はい。公開しながら、みなさんと進めていきます」

建設費や用地取得など現実的になると、反対する市民も出てきそうだ。