中央気象局提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 25日 中央社)北東の風が弱まる影響で、25日の台湾各地の最高気温は前日より2〜3度上がり、北部や東部で23〜25度、中部で26〜27度、南部で28〜29度になる見込み。26日にはさらに気温が上がり、東部以外の地域では最高気温が27〜29度に達する。だが、寒さが和らぐのは同日午前まで。同日午後からは再び冷たく湿った北東の風が吹き、北部ではひんやりとした日が28日まで続くと予想されている。

中央気象局が25日発表した週間予報によれば、この先一週間は台湾全土で曇りや雨の日が続く見込み。27日は各地で気温があまり上がらず、予想気温は北部17〜20度、中部18〜21度、南部19〜23度、北東部18〜20度などとなっている。

気象局によると、25日午前8時にフィリピンで発生した台風25号は今後西に進み、台湾への直接的な影響はないとみられている。だが、27日から28日にかけて台風周辺の湿った空気が流れ込み、強い雨が降る可能性もあるという。

(陳葦庭/編集:名切千絵)