浙江省金華市に住むあるラグドールという品種のネコは、外見がかわいらしく、気質や毛並みも一流であるため、飼い主はこのネコを連れてここ数日、米国に出かけている。

写真拡大

浙江省金華市に住むあるラグドールという品種のネコは、外見がかわいらしく、気質や毛並みも一流であるため、飼い主はこのネコを連れてここ数日、米国に出かけている。渡米の目的は何かと言えば、飼い主の観光だけに非ず。実はこの飼い主、ある小さな目標を立てているのだ。それは、世界最大の猫協会CFA(The Cat Fanciers’Association)が主催する「インターナショナル・キャット・ショー」に出場して、ついでに賞を獲得しようというものだった。銭江晩報が伝えた。

【その他の写真】

このラグドールの飼い主である金華市に住む女性・駱沙宙さん(28)は、同市でネコを飼う人たちの間ではちょっとした有名人だ。過去に報道された内容によると、駱さんは幼い頃からネコ好きで、高校卒業後は韓国に留学し、そのときにアメリカン・ショートヘアといった高価な品種のネコを飼い始めたという。

2013年には駱さんのラグドールは北京で開催されたCFA主催の「インターナショナル・キャット・ショー」に出場し、見事優勝した。

駱さんは現在、CFAに登録済みのネコハウスを設立させた。彼女の微博(ウェイボー)によると、育てているネコのほとんどが数万元(1元は約16円)もするような高価な品種だ。

このような高価なネコたちはどのような生活を送っているのだろうか?駱さんの母親である葉さんに話を聞いたところ、デボンレックスとラグドールの2種類のネコを飼っているが、エサ代だけで月によっては5000-6000元(約8万-9万6千円)かかることもあるという。

葉さんの自宅は5階建てで、そのうち3階がネコが住むスペースとなっている。3階は100平米以上の広さを誇り、部屋3つ、リビングが2つある。ネコたちにはそれぞれの独立した休憩・プレイエリアが与えられ、特別な世話が必要な子猫たちには4階にも広々とした運動エリアが設置されている。また、5階のバルコニーもネコたちが日向ぼっこできるスペースになっている。

そしてこれらのエリアは全て専用のスタッフを雇って、掃除や衛生管理、消毒をしてもらっている。ネコたちはこのようなちょっとした日常生活を過ごすだけでなく、コンテストに参加するために各地へ飛び回っているという。こんな「セレブ」ぶりを知ってしまったら、きっと人間以上に贅沢だと感じてしまうのではないだろうか?(提供/人民網日本語版・編集/YK)