ムン・ヒジュン側、CRAYON POP ソユルの妊娠に関してコメントを発表

写真拡大

H.O.T.出身の歌手ムン・ヒジュンがガールズグループCRAYON POPのソユルと結婚を発表した中、できちゃった結婚に対する人々の関心が高まっている。

25日、ムン・ヒジュンの所属事務所であるKOEN STARSの関係者はマイデイリーに「ムン・ヒジュンの恋人ソユルの妊娠事実は、プライバシーのため確認することができない」と明らかにした。

ムン・ヒジュンとソユルは24日の午後、それぞれのファンコミュニティを通じて結婚を発表した。続いて所属事務所であるKOEN STARSとソユルの所属事務所であるChromeエンターテインメントも二人の結婚を認め「ムン・ヒジュンとソユルが2年前から同じ分野で良き先輩・後輩として過ごし、今年4月から本格的な交際を始めた。最近、お互いに対する信頼と確信で結婚を決心することになった。結婚は来年2月頃を予定している」と伝えた。

ムン・ヒジュンは1996年にH.O.T.のリーダーとしてデビューし、爆発的な人気で韓国アイドル界の全盛期を引っ張った。デビュー曲「戦士の末裔」を皮切りに「Candy」「幸福」「We Are The Future」など多数のヒット曲を誕生させた。2001年5月の解散後は、歌手及びタレントとして活発に活動してきた。

ソユルはCRAYON POPのメンバーで、2013年に発表したヒット曲「パパパ」で“直列5気筒ダンス”ブームを巻き起こした以来、海外活動に注力してきた。最近、1stフルアルバム「DooDoomChit」を発表したが、パニック障害を理由に活動を中断した。ユニークな魅力でおじさんファン軍団である“ポップジョシ(CRAYON POPが好きなおじさん)”を生み出した。