「ガレット・デ・ロワ ショコラ ピスターシュ フランボワーズ」(ホール3780円)

写真拡大

1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスのプレミアムチョコレートブランドLindt(リンツ)から、新年のお菓子「ガレット・デ・ロワ ショコラ ピスターシュ フランボワーズ」(ホール3780円)が登場。12月26日(月)から予約開始する。

【写真を見る】「ソフトクリーム ショコラ」を精巧に再現したオリジナルフェーヴ

「ガレット・デ・ロワ」は、フランスの公現節(エピファニー)における祭事の伝統菓子。クリスマスが終わり、新年を迎えると出回り始める。

お菓子のなかにフェーヴ(そら豆、現在では陶製の人形)が一つだけ入れられ、それが当たった人は、その日一日王冠をかぶって王様(王女様)になり、幸運に恵まれる。そのユニークな楽しみ方と縁起の良さで、日本でも新年のお菓子として定着してきている。

「ガレット・デ・ロワ ショコラ ピスターシュ フランボワーズ」は、バターをふんだんに使い、チョコレートが混ぜ込まれたサクサクのパイ生地となっている。中には、エクアドル産カカオ分70%ダークチョコレートを使った濃厚なガナッシュと、香り高いピスタチオクリームの2層からなるフィリングがつめられた。さらに、甘酸っぱいフランボワーズが味のアクセントとして加わる。

デコレーションには、フリーズドライのフランボワーズとクラッシュピスタチオがあしらわれ、新年らしい華やかさ。また、ガレットのなかには、幸運のフェーヴとしてローストマカダミアナッツが一つ入っている。

ホールの「ガレット・デ・ロワ ショコラ ピスターシュ フランボワーズ」を予約すると、王冠と人気デザートメニュー「ソフトクリーム ショコラ」を精巧に再現したオリジナルフェーヴがついてくる。

また、ピースは2017年1月3日(火)から提供開始。ガレットにローストマカダミアナッツが入っていた場合、王冠とオリジナルフェーヴがプレゼントされる。

まもなく2017年。来年の年初めには、お菓子で運試しをしてみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】