25日、中国遼寧省瀋陽市に登場した安倍晋三首相のろう人形をめぐり、環球時報は「安倍氏の“謝罪ろう人形”が日本の不満を招いた」と伝える記事を掲載した。

写真拡大

2016年11月25日、中国遼寧省瀋陽市に登場した安倍晋三首相のろう人形をめぐり、環球時報は「安倍氏の“謝罪ろう人形”が日本の不満を招いた」と伝える記事を掲載した。

安倍首相のろう人形が設置されたのは瀋陽市内にあるショッピングセンターだ。「九一八(満州事変の中国側呼称)を記念する」という文字を背にした人形は腰を低くしてへり下るポーズを取っており、鼻の下にはひげが付けられていた。これを受け、日本メディアは「独裁者ヒトラーを想像させる口ひげ」「毎年9月18日に同市では満州事変関連の活動が行われ、反日感情は強烈だ」との説明をし、「中国のインターネット上には『恥ずかしい』とのコメントが寄せられている」などと報じた。

ショッピングセンターの関係者によると、この催しを行ったのは同省丹東市の職人で、店側は無料でスペースを貸しただけだという。「作品を展示したい」という申し出に応じた理由は「消費者の店での体験をより豊富にしたいと考えたから」。人形のポーズや口ひげについて同関係者は「装置に不具合が生じて直立させることができなかった」「本人からのクレームを恐れて100%そっくりには仕上がっていない。どの人形もネームプレートは付いておらず、『安倍首相でない』と言うことだってできる」と話しており、「九一八を記念」というプレートの前に置かれたことに関しては「深い意味はなく一時的な措置」と述べた。同関係者は日本側の反応に対するコメントは控えたものの、在瀋陽日本国総領事館のクレームを受けたことや人形がすでに撤去されたことを明らかにしている。(翻訳・編集/野谷)