写真提供:マイナビニュース

写真拡大

all engineer.jpは11月24日、「企業規模と働きがい」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は11月9日〜16日、全国のメーカーで働く研究・設計・開発系の業務に就くエンジニアのうち、中小企業(従業員数300人以下)で働く200名と、大企業(従業員数1,001人以上)で働く200名を対象に、インターネットで行われた。

○大企業で働く満足度、中小企業より0.11pt高く

勤務中の企業や職場環境について、項目別に5点満点で回答してもらった結果、「総合評価」の満足度は大企業が3.12点、中小企業が3.01点だった。中小企業が大企業よりも勝っていた項目は「仕事のやりがい」(0.08点差)のみで、ほかは全て大企業の方が高い結果に。また、大企業と比べ、中小企業で働くエンジニアの間で特に満足度の低かった項目は、「研修制度」(0.97点差)や「福利厚生」(0.88点差)、「会社のブランド力」(0.86点差)だった。

○大企業で働く長所と短所

次に、大企業で働くエンジニアに、自分の働く企業や職場で「一番満足しているところ」を自由回答形式で聞いた。「業務で扱う技術の先進性・専門性」「業務に集中できる環境」「仕事の規模が大きい」といった意見や、「ワークライフバランスが取りやすい」「給料・福利厚生がいい」などの声があった。

また、「一番不満を持っていること」についても質問すると、「経営層への不信」や、開発や新しいことをやるまでの「スピードが遅い」といった声が寄せられたほか、「組織の巨大化に伴う弊害」や「仕事内容への不満」も見受けられた。

○中小企業で働く長所と短所

一方、中小企業で働くエンジニアに「一番満足しているところ」をみると、「業務で扱う技術の先進性・専門性」や「業務に集中できる環境」など大企業と同じような意見が挙がった。このほか、「顧客からのフィードバックが得られる」「自分で設計から完成までできる」「人間関係が温和」といった意見もみられた。

また、「一番不満を持っていること」は、「業務負担が大きい」「人事評価に不満」「若手が育たない」だった。

(CHIGAKO)