ナタリー・ポートマンが
ファーストレディに! (C)2016 Jackie Productions Limited

写真拡大

 ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元米大統領夫人ジャクリーヌ・ケネディに扮した「Jackie(原題)」の邦題が、「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」に決定し、2017年春から公開されることが決定した。あわせて、真っ赤なセットアップ姿のポートマンと、「ケネディ大統領暗殺。彼女は最愛の夫を伝説に変えた――。」というキャッチコピーが印象的な日本初公開のビジュアルもお披露目された。

 第73回ベネチア国際映画祭脚本賞、第41回トロント国際映画祭プラットフォーム賞を受賞した本作は、63年11月22日に起こったジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件によって、“ジャッキー”の愛称で親しまれてきたジャクリーヌの人生が一変していく様を描く。夫の葬儀の執り仕切りや、昇格した副大統領の大統領就任式への立ち会い、ホワイトハウスからの退去など、ジャクリーヌがケネディ元大統領の葬儀までの4日間に取った行動に焦点を当てている。

 メガホンをとったのは、第85回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた「NO」のパブロ・ラライン監督。また、第83回アカデミー賞でポートマンに主演女優賞をもたらした「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督がプロデュースを務め、「メイズ・ランナー」のノア・オッペンハイムが脚本を手掛けている。

 ポートマンのほか、ピーター・サースガード、グレタ・ガーウィグ、ビリー・クラダップ、ジョン・ハートらが出演。ケネディ米元大統領役は、デンマーク出身のキャスパー・フィリップソンが演じている。

 「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」は、17年春から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。