“アクション女優”ローラの実力は? 『バイオハザード』ビジュアル公開!

写真拡大

 シリーズ最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日全国公開)でハリウッドデビューを飾るローラの、バラエティー番組で見せる顔とは全く違うシリアスでクールな姿に圧倒される劇中ビジュアルが公開された。

 本作は、日本発の人気ゲームをハリウッドで実写化した大ヒットアクションシリーズの第6弾。ローラは、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる主人公アリスと共に、世界中の人々をアンデッド化した巨大企業アンブレラ社に戦いを挑む女戦士、コバルトを演じている。

 すでに荒廃した世界に生きる戦士としてのビジュアルは明らかになっていたローラだが、今回は決死の形相でマシンガンをかまえる緊張感漂うカットや、コバルトの恋人役で“キューバのブラピ”と称される新星ウィリアム・レヴィとのツーショットなどが公開。鋭い眼光が印象的なショットの数々は、日本で見せる優しく朗らかな表情とは無縁で、ローラの女優としての覚悟が伝わってくるようだ。

 かつてアンブレラ社の特殊部隊員として彼らの実験台にされ、過酷な運命に抗うように戦い続けてきたアリス。彼女の最後の戦いを描く本作では、アンブレラ社によってアンデッドが地球上を覆いつくす中、人類絶滅までのカウントダウンがスタート。世界を救うために残された時間は48時間。アンブレラ社の心臓部「ハイブ」を壊滅させるべく、アリスは、全てが始まった地ラクーンシティを再び訪れる。(編集部・入倉功一)