この時代に新車価格が120万円以下! 買って満足のオススメ国産車5選

写真拡大 (全12枚)

意外とリーズナブルなクルマたち!

新車=高価というイメージをおもちの方も多いだろう。もちろん安価とはいわないが、新車であればメーカー保証があったり、通常よりも割安な点検のパックがあったり、燃費の面でも古いモデルよりも優れていて、トータルコストを含めて考えれば意外とリーズナブルだったりすることも。

購入方法に関しても、残価設定ローンなどを利用すれば月々の支払いもグッと安く抑えられるだろう。そこで、今回は車両価格120万円以下の車両を集めてご紹介したい。

.曠鵐澄N-WGN G(116万4000円)

今や軽自動車もエントリーモデルモデルのコンパクトカーに勝るとも劣らないレベルに達している。さすがに高速道路を延々と走るようなシチュエーションでは普通車に分があるが、街なかを走り回るという点では、よりコンパクトな軽自動車のほうが優れているといっても差し支えないレベルとなっている。そんな軽自動車のなかでも走りの質感という面で高いレベルにあるのが、ホンダのNシリーズだ。なかでも一番ベーシックなのがN-WGNで、120万の予算があれば、オートエアコンにスマートキーなどが標準装備されるGグレードを選ぶことが可能となる。やはり選択すると120万を超えてしまうが、オプションで自動ブレーキが装備される「安心パッケージ」の設定があるのも嬉しいところ。

▲瀬ぅ魯帖Ε燹璽凜ャンバス L(118万8000円)

スペース効率を優先した背の高い軽乗用車が全盛の今、高さにこだわらず個性的なルックスで人気を集めているムーヴキャンバスにも120万円を下まわるグレード(L)が存在する。残念ながら自動ブレーキ機能が備わる「スマアシII」装着グレードは予算オーバーとなってしまうが、可愛らしいルックスや使い勝手のよい両側スライドドアは不変。予算にはシビアでも安っぽい雰囲気は許せないというユーザーにはオススメできる1台だろう。また、両側スライドドアを持ちながら車両重量910kgと比較的軽量に仕上がっているのも見逃せないポイント。排気量に制限のある軽乗用車は、ちょっとした車重の違いで動力性能や燃費に差が出てきてしまうのだ。

極めつけの70万円を切るモデルもある!

トヨタ・ヴィッツF Mパッケージ(115万3637円)

トヨタのエントリーモデルといえばヴィッツ。それよりも安価なパッソもあるが、あちらはダイハツのOEMということもあり今回はヴィッツをチョイスした。1リッターエンジンを搭載するエントリーグレードのUをベースに、装備を省いたものがMパッケージとなる。加飾が省かれるほか、リヤワイパーレス、リヤウインドウのマニュアル化など、簡素化が目立つが、1〜2名乗車がメインであればそれほど気にならないだろう。もちろん前席エアバッグやVSC&TRCなどの安全装備は標準装備。ギリギリで120万円をオーバーしてしまうが、プラス5.4万円でToyota Safety Sense Cを追加装備できることも魅力だ。

て産・マーチ S(115万1280円)

ヴィッツと双璧をなすエントリーカーがマーチだろう。4代目となる現行モデルはタイでの生産ということもあり、安価に抑えられている。(写真はマーチS PLUM)価格的にはヴィッツよりも安価な上に、搭載されるエンジンは200cc多い1.2リッターとなり、ヴィッツF Mパッケージほどの装備のオミットもない。排気量は大きいものの、1リッターのヴィッツとの燃費の差は0.2Km/Lというのも優秀で、華やかさこそないが普段の足として考えれば十分といえるだろう。しかし、ヴィッツにオプション設定される自動ブレーキが、マーチには全グレードで用意されないのは残念なポイントだ。

ゥ好坤・アルトバンVP 5MT(69万6600円)

移動の足など、完全に割り切って考えるなら群を抜いて安価なアルトバンを外すわけにはいかないだろう。エアコンやパワステなどの最低限の快適装備は装着されているのに、70万円を切る価格は驚異的ともいえる。610kgと現行車のなかでもダントツに軽量なボディに5速MTの組み合わせは、キビキビとした走りを楽しむことも可能で、120万円からの差額で思う存分チューニングをするのも楽しいかもしれない。また、2ペダルMTであるAGS仕様にはレーダーブレーキサポートを装備したグレードも設定。それでも82万6200円となっている。ただ、2名以上乗車することが多いユーザーにはオススメできない。リヤウインドウは固定式だし、リヤシートは補助席以下の快適さなのだ。

(文:小鮒康一)