25日、新京報によると、中国江西省の発電所で起きた倒壊事故の死者が74人となった。

写真拡大

2016年11月25日、新京報によると、中国江西省の発電所で起きた倒壊事故の死者が74人となった。

【その他の写真】

24日午前7時ごろ、江西省豊城市の発電所で建設中の冷却塔の足場が倒壊し、作業していた74人が死亡、2人がけがをした。これまでのところ、死者74人のうち68人の身元が判明しているという。

報道によると、冷却塔は今年4月に着工。高さは165メートルになる予定で、事故当時は70メートル余りだった。現場では500〜600人の作業員がA〜C班にわかれて作業していた。犠牲になった作業員は23〜53歳で、多くは河北省から来た男性だという。

関係者は「塔の外側の木製の足場を解体している際に、(塔の)まだ乾いていなかったコンクリートが剥がれ始め、最後には倒壊した」と話している。また、施工会社からは「晴れているうちに作業を速く進めるように」という指示が出ていたという。(翻訳・編集/北田)